学校からのお知らせ

晴れ 水やり

 環境委員会の子供たちが花に水やりを行ってきました。

6月に植えた花の苗は、今でもきれいに花を咲かせ続けています。唐辛子も実をつけています。

3年生が植えた菊もだいぶ大きくなりました。花が咲くまであともう少しですね。

 

晴れ 陸上の練習

 

 新型コロナウィルス感染症予防対策のため、市・那須地区陸上競技大会が中止になってしまいましたが、

校内で陸上競技記録会を行うことになりました。そのため、いったん中断していた陸上練習が

今日から再スタートしました。

 校庭には、朝早くから練習に参加し頑張っている子供たちの姿が見られました。子供たちを

送り出してくださった保護者の皆様の御協力にも感謝です。

 

 

 

鉛筆 鉛筆をいただきました

 いちご一会とちぎ国体の「手作り応援のぼり旗」作成に協力したお礼ということで、

大田原市より感謝状と筆記用具を全校生分いただきました。ありがとうございます。

のぼり旗の作成に携わった6年生の皆さん、すてきなのぼり旗ができあがりましたね。

 

 

 

 

 

 

英検(2回目)のお知らせ

 今年度2回目の英検が大田原中学校で行われます。

日時 10月8日(金) 16:30集合

会場 大田原中学校

    ※保護者の送迎が必要です。

締め切り 9月8日(水) 期日厳守でお願いします。  

 英検取得のメリットとして、高校・大学入試や単位認定で優遇されることがあります。

 大田原市では、中学校3年間で英検3級以上を取得することを目標として、英語教育に力を入れています。外国語が教科化される前から、小学校でも英語に触れる時間を設定してきました。

 また、市内中学校を1次試験の会場とし、中学校在籍中に、1人につき1回限り、3級の準会場検定料4,800円を市が負担しています。

 

 紫塚小でも英語の学習に力を入れていきます。小学校在籍中の英検受験も応援していきます。

 

お知らせ 図書室より

 夏休みに入り、子供たちの姿が見られない図書室は静まりかえっています。

30日のサポートデーでは、本を一人3冊まで借りることができます。

夏休み前に借りた本を読み終えたり、新しく読んでみたいと思ったりした本がありましたら、

また、本を借りてほしいと思います。夏休みという長期の休みに

たくさんの本にふれてほしいですにっこり

 

 

 

グループ クラブ活動

 4~6年生の子供たちが、屋内運動クラブ、外遊びクラブ、家庭クラブ、

サイエンスクラブ、室内ゲームクラブ、コンピュータクラブの7つのクラブのいずれかに、

所属しています。活動計画を考え、協力しながらそれぞれのクラブにおいて活動していますにっこり

 

 

にっこり 大きくなあれ

 2年生の生活科の学習「野菜をそだてよう」の学習では、

一人一鉢野菜を育てています。朝、水やりをしながら、野菜の苗が

育っていく様子を観察しています。実がなり始めた苗もあります。

たくさん実を付けて、早く収穫できるようになるといいですね。

 

 

学校 教育実習最終日

 5月10日から、教育実習生 吉田先生が

紫塚小学校で養護教諭に関する教育実習を行い、

今日が最終日となりました。最終日の今日の給食の時間には、

紫塚小学校の子供たちへの感謝の気持ちと、今後の抱負について放送で話をしました。

また、昼休みには研究授業を行ったクラスの子供たちと、楽しい時間を過ごしていました。

 これからも、養護教諭をめざして、がんばってほしいと思いますにっこり

 

 

 

 

 

 

 

 

晴れ 体育・運動発表会に向けて

 6月2日に予定されている体育・運動発表会に向けて、

6年生が練習していました。

音楽に合わせて、

旗の動きをそろえる等、がんばって練習している様子が見られました。

 当日の発表が楽しみですねにっこり

 

情報処理・パソコン ICTを活用した職員研修

 大田原市では、毎年、5月に市内の全職員を会場に集めて

研修を行っていましたが、

今年度は各学校にて、パソコンを使ったオンライン研修が行われました。

市より一台ずつパソコンが貸与されていますが、

そのパソコンをどのように活用し効果的に学習を展開していくかについて

今後も研修を進めていきたいと考えています。

 

 

音楽 学校探検

 1年生が学校探検をしました。

特別教室、校長室など、

学校のいろいろな場所を元気に探検し、

気がついたことをメモしていました。

 また、自分たちで作った名刺を渡し、

あいさつもしっかりすることもできました。

入学してから約1か月がたちましたが、

だいぶ小学校の生活に慣れ、

しっかり生活している様子がうかがえましたにっこり

 

 

 

お知らせ パソコンを使っての学習を行っています

 大田原市内児童生徒に一人一台パソコンが貸与されています。

 そのパソコンを使って

 自分自身の体調をチェックしたり

 授業において学習を進めたりすることを始めています。

 

5年生においては、

授業の始めにパソコンを使ってミニテストを行い、

答えを先生に送信しました。

6年生の授業において、

ミニテストの解答が先生からパソコンを使って送られ、

子供たちは、パソコンの画面を見ながら自己採点を行っていました。

 

4/23 英検のお知らせ

 紫塚小学校の児童は、大田原中学校を会場に英検を受験することができます。

 1回目は、5/28(金)です。 申し込み締め切りは、4/28(水)です。

 大田原市では、中学3年間で英検3級以上を取得することを目標として、英語教育に力を入れています。大田原市は外国語科が教科化される以前より、小学校1年生から英語に触れる時間を設定してきました。

 また、市内中学校を1次試験の会場とし、中学校在籍中に1人につき1回限りですが3級の準会場検定料

4,800円を市が負担しています。

 紫塚小でも英語の学習に力を入れています。小学校在籍中の英検受験も応援していきます。

 

鉛筆 5時間目の1年教室の様子です

 1年1組は、国語「なんていおうかな」という単元の学習をしていました。

 様々な場面において、どのような言い方をしたらいいか考えていました。

 2組は、ひらがなの書き方の学習をしていました。

 整った字形になるように、一生懸命練習をしていました。

 入学式から、1週間ほどしかたっていませんが、

 しっかり勉強している様子が見られました。

 

 

 

 

キラキラ 離任式

 今日は、昨年度まで、紫塚小学校に勤務されていた8名の先生方とお別れをしました。

代表児童が手紙を読んだり花束を渡したりして、感謝の気持ちを伝えました。

異動された先生方からも、紫塚小の子供たちの良さや励ましのお言葉をいただきました。

お世話になった先生方に感謝の気持ちをもって、

これからの学校生活をしっかり過ごしていきたいと思います。

 8名の職員の異動先は、以下の通りです。

 藤原 真理子校長先生・・大田原市立西原小学校へ

 佐藤 慶子教頭先生・・大田原市立須賀川小学校へ(校長昇格)

 福田 隆夫先生・・御退職

 秋元 優子先生・・那須塩原市立大山小学校へ

 福﨑 里美先生・・大田原市立薄葉小学校へ

 小林 建太先生・・那須塩原市立高林小学校へ

 卜部 まどか先生・・大田原市立薄葉小学校へ

 小池 博美先生・・那須町立黒田原小学校へ

 

 

 

異動された先生方、本当にお世話になりました。

 

晴れ 週番活動について

 毎朝、6年生が担当日を決めて週番活動を行っています。

 国旗を準備したり、雨の日の傘の片付けを手伝ったりする仕事を行っています。

 1週間ごとに当番を交代しています。

 6年生の皆さん、1年間、よろしくお願いします。

 

 

キラキラ 縦割り編制・顔合わせ

 朝の活動において、縦割り班を編制し顔合わせを行いました。

 先日、入学したばかりの1年生に、

 6年生の班長さんが優しく声をかけていました。

 今回編制した縦割り班のメンバーで

 一緒に掃除を行ったり、毎月1回程度遊んだりします。

 

にっこり 第1回委員会活動

 今日は、4~6年生による委員会活動の1回目でした。

 活動内容や役割分担を決めました。

 これから、いろいろな場面で、

 委員会の子供たちが活躍する姿が見られることを楽しみにしています。

 

 

お祝い 御入学、おめでとうございます。

 今日の入学式では、

 68名の1年生が入学してきました。

 一人一人、名前を呼ばれると

 元気な返事をすることができました。

 感染症対策のため、

 在校生は式には参加できませんでしたが、

 1年生が学校に入学するのを楽しみにまっていました。

 1年生の皆さん、明日からの学校生活が楽しみですねにっこり

 

 

 校長式辞のあと、PTA会長様からお祝いの言葉をいただきました。

 

式にしっかり参加できました。

グループ 入学式準備

 12日(月)は入学式です。

 今日は6年生が、体育館などの入学式会場の準備を行いました。

 一生懸命に仕事をする姿から、 

 最高学年としての自覚をもち、頑張ろうという気持ちが

 うかがえます。すてきな会場ができあがりました。

 6年生の皆さん、ありがとうございました。

 

 

鉛筆 令和3年度前期が始まりました

 今日から、令和3年度前期が始まりました。

 校舎内に子供たちの元気な姿が戻ってきました。

 新型コロナウィルス感染拡大防止策をとりながらも、

 教育活動を充実していきたいと考えています。

 よろしくお願いします。

 

 校庭で新任式と始業式を行いました。

 

 本年度の職員になります。

 よろしくお願いします。

 

晴れ 明日から学校スタート!

 いよいよ明日から学校がスタートします。

 8日の始業式に、元気な子供たちの姿が見られることを

 職員一同、とても楽しみにしています。

 

 職員一同楽しみにしています。

レバー式ハンドル設置

 感染リスクの低減につながる水道蛇口に設置するレバー式ハンドルを橋本管財様(代表取締役 橋本和彦様)からいただきました。

 レバー式ハンドルは、腕や肘を使って蛇口の開閉が可能なため、子供たちの感染症対策として、その設置を希望しておりました。橋本様は、本校が母校であり、地元に貢献しようと贈呈してくださいました。大変ありがたく、早速設置しました。お陰様で子供たちは、4月8日始業から使用することができます。子供たちと使用の仕方を確認し、大切に使用していきます。

校庭の桜が満開、見事です。

コロナで翻弄された異例の一年間。通常の教育活動が進まず、困難が多々ありましたが、桜の花が子供たちを、地域の皆様を、教職員を慰労してくれている・・とも思えます。4月12日入学式、この日まで開花したままでいてほしいのですが・・葉桜で新入生を迎えることになるでしょう。大変美しいです。

 

みんなそろって、2020のperiodを

   修業式は体育館で行われ、4,5年生が参加、1年生から3年生はリモートでの式に参加・・・の予定を今朝、突然変更しました。驚く・ビックリリモートの不安定さによる不安解消と本日の天候「快晴」により、全校生が校庭に集合しての修業式の実施としました。2020は、このように変更の連続でしたので、教職員と子供たちの順応力も増し、誰一人苦情もなく、進行したのです。

    各学年代表者が、校長から修了証書と進級祝品を受け取りました。校長から学年ごとに一年間のがんばりと学びの成果、次年度への期待が伝えられました。

    5年生には「話をよく聞ける力がすばらしい。話す人に目を向けて落ちついて話を聞くことができます。4月からは6年生。紫塚小学校をもっといい学校にするためにリーダーシップを発揮してほしい。」と期待の言葉がかけられました。

    児童代表のあいさつは、5年生の永岡さんです。「部活動ができなかった期間は、体力が落ちないように、テクニックが低下しないように、自主練習をしていたこと・・・4月から6年生として下級生の見本となりたい。1年生にやさしくしたい。」と締めくくり、代表者にふさわしい内容であり姿でした。式後、児童指導主任から春休み(0学期)の過ごし方の確認が行われ、会計年度任用職員とのお別れの会を実施しました。音楽室から福田教諭の伴奏で、久しぶりに校歌1番を歌い、すべての式と会が終了しました。

    4月の始業式、入学式を済ませ、間もないうちに臨時休業。一年間、今まで経験したことがないことがたくさんありました。一つ一つの行事、活動が通常通りできず、一難去ってまた一難、それをみんなで乗り越えてきました。困難をともにし、乗り越えた仲間は、本物の仲間です。

   本日、1年生から5年生、291名の児童と、32名の教職員により、みんなそろって、2020年度の終止符(period)を打ちました。子供たち、保護者の皆様、地域の皆様、一年間本当にありがとうございました。                                                      紫塚小学校教職員一同

※いつの間にか20,000アクセス数を超えました。ご覧いただきありがとうございます。来年度もどうぞよろしくお願いいたします。

子供たちの修業と、本校の令和2年度教育活動無事の終了を祝ってくれるように、桜の花一輪開花しました。

 

もう少しで桜の一輪開花

 校庭の桜の木がピンク色になりました朝。昼休み、木々の先をのぞいてみると、もう少しで青空に一輪開花。桜の蕾みは、6年生が卒業し、心にぽかんと穴が開いてしまったような学校をやさしく包んでくれているように思えます。

 明日は、一年間の区切りとなる修業式を迎えます。今日は、それぞれの学年、それぞれのクラスの一年間の歩みにピリオドを打つ準備をしました。1年生は、明日予定されている教室の引っ越しに備え、一年間お世話になった教室の片付けや3月でお別れとなるお友達とのお別れ会を開催。2年生も荷物と教室の片付け、みんなで大掃除。3年生は、2年生へ3年生から始まる「総合的な学習の時間」の学びの発表を披露。4年生は、クラス対抗リレー大会で大盛り上がり。5年生ではクラス替えがありますので、1組も2組も2年間ともに過ごした仲間と団結。5年生は、クラスのみんなで手作りお楽しみ会。自分たちで企画、運営したことなので笑顔いっぱいです。春休みの宿題が配布され・・・「あ~あ。」という声も。通常な学校生活をおくることができなかった2020年度ですが、何もなかったかのように、今日も、幸せな時間が、あちらこちらで流れました。子供たちの素直さは、幸せを生んでいます。

 明日、1年生は177日間、2年生から5年生は179日間の令和2年度最終日を迎えます。

 

部活動、スポーツ少年団活動再開 その2

   22日(日)男子バスケットボール部、女子バスケットボール部の6年生を送る会が開催されました。男女どちらのチームも和やかな雰囲気の中で、お世話になった監督の方、保護者の皆様とともに、楽しいひとときを過ごしていました。

    一年間を振り返ると、今までの努力の成果(6年女子バスケは、上級生が少人数で、

部員は4年生から大会へ参加。負けても負けても前を向いて進んできました。学年が上がるにつれ、勝ち試合を体験することが多くなり、いよいよ今度こそは優勝を目指して・・という段階でした。)を確認しようと大会に臨もうとすると、中止に。それでも必死に気持ちを整理し、体力を落とさないように、技術力を低下しないようにと備えながら大会準備をし、またしても中止に。やり場のない怒りに震え、引退のタイミングまで逃してしまった2020年ではなかったでしょうか。

   6年生を送る会は、いつも練習している本校体育館でできたことに安心され、皆さん笑顔。悔しかったことが多かったからこそ、今後の強靱なバネになっているのではないでしょうか。念願は叶わなかったのですが、やったことは一つも無駄になっていない・・多くの方々の支えの中で、6年生は卒団となりました。指導者の皆様、子供たちの技術の向上、人間性の育成にお力添えいただき、大変ありがとうございました。

 

令和2年度 第64回卒業式挙行

    お祝い 和やかなうちにも厳粛に、第64回卒業式が挙行することができました。お祝い

 この学び舎、この教室で過ごす最終日、担任は6年間の集大成となる日にふさわしい教室環境と子供たち一人一人への思いを準備し、子供たちを迎えました。

 式開始前に、6年生を尊敬している在校生(本日は休業日)からのビデオメッセージが披露されました。一年生のかわいらしい笑うメッセージが上映されると保護者の皆さまの胸に熱いものが込み上がったのでしょうか、目頭を押さえるお姿もありました。卒業生は、中学校の制服を身にまとい参加しました。制服は、まだぶかぶかですが、急に中学生らしくなり、大人びています。キラキラ校長から卒業証書を受け取る姿は、皆たくましく輝いていて、小学校生活の中で最高な姿でした。校長の式辞で伝えられた「どんな困難なことに遭遇しても、たくましく生きる」そんな人となり、これからの新しい道を進んでいってくれることでしょう。昼

62名の子供たちは、本日この学び舎から希望に満ちた未来へ巣立ちました。

御卒業、本当におめでとうございました。お祝い保護者の皆様、地域の皆様、これまで本校の教育そして卒業生へ温かな御理解と御支援をいただきましたことに心より感謝いたします。

私たち、教職員は、62名の子供たちからたくさんのことを学ぶことができました。これからも陰ながら62名の子供たちの成長を応援していきます。       

      「One Team 紫小」

 

明日 62名 巣立ちの日

 62名の子供たちのこの学び舎から巣立つ日イベントが、明日となりました。

本日、明日の式に向けて、最終の確認を行い、学んだ教室の片付けをしました。ランドセルを背負うのも最終日。記念写真を撮りました。

給食は、卒業を祝うメニューです。メニューにお赤飯が入っています。

給食の後、5年生と教職員で会場準備をしました。5年生は、一丸となり一生懸命に清掃をしました。頼りになる6年生になれます。

 本校に入学してから卒業までの六年間、この年月の流れを振り返ります。特に小学校最終学年の一年間は、様々なことがおきた一年間でしたので、それを乗り越え、明日無事に巣立つ日を迎えられるのは、感慨深いものです。

 6年生を陰ながら応援してくださった多くの方、在校生からもお祝いの詞が届いています。6年生は、お世話になった家族へ、今の自分の思いを絵手紙に精一杯表しました。

 6年生の保護者の皆様、これまでの子育ての大切な節目である明日は、お子様の晴れの姿をごゆっくりご覧ください。(会場は常時換気を行いますので、暖かい服装で御参列ください。お待ちしております。)

 

卒業式予行・6学年修業式

 19日の卒業式に向けて予行を行いました。

 式当日、在校生は参列せず、休業日となります。しかし、卒業生とともに本校を支え、ともに活動し、来年度卒業を控えている5年生は、在校生代表として、予行と6学年修業式、そして各種表彰式に参加しました。6年生は、いつもより緊張し、立派な態度で式に臨みました。多くの児童が栄えある賞を受賞しました。受賞者は、学校だより(最終号)に掲載されています。ご覧ください。

修業式では、校長より6年生へ贈る言葉「皆さんの命は、奇跡的に生まれた命。この命を授けてくださった家族を大切にし、この命を大切にして生きてほしい。この区切りに家族へ、ありがとうを伝えてほしい。」が伝えられました。5年生も最高学年となる心構えをもって、卒業生を見守りました。

 式は、感染症拡大防止のため、時間短縮(45分間の実施)、参列者制限(卒業生および各家庭2名以下の参列、来賓は教育委員会1名)などの制限がある中で実施をします。卒業生の大切な人生の節目である式に制限があるからこそ、例年以上に心を込めた式にしたい・・・・在校生、教職員一同、あること、あるものの準備を・・・しています。

 

子供たちの明るく生き生きとした学校生活を願い

   全国的に深刻ないじめの事案は後を絶たず、子供たちが直面している現在のいじめの問題は、大人の想像している以上に複雑化、潜在化している状況です。そこで、社会総がかりでいじめの問題に向き合い、対処していくための基本的な理念や体制を定めた法律「いじめ防止推進法」が施行されました。

    学校では、全ての教職員がいじめ防止対策推進法の趣旨を十分に理解し、それに基づく対応を着実に実践することがこれまで以上に求められています。いじめ防止対策推進法の施行を受け、本校では「紫塚小学校いじめ防止基本方針」を策定し、それに則り、積極的ないじめの認知に努め、一つ一つの事案に対して組織として対応できるよう努めています。

その取組について、ホームページのページに新しく「いじめ基本方針」を設定しました。

一読いただけますようお願いいたします。

いじめの防止のためには、学校だけでなく、家庭、地域、専門機関等が一丸となって、問題に対する組織的な対応を行うこと、いじめの未然防止に向けて取組を推進することが大切だと考えます。本校のすべての子供たちが明るく、元気に生き生きと学校生活を送ることができるよう御理解・御協力をお願いいたします。

 

春うらら

 「春うらら」朝の言葉がぴったりあう一日でした。

 校庭では、卒業を4日後に控えた6年生が、楽しそうに体育科の授業を行っています。6年生が、本校の体育着を着て運動することも残りわずかとなりました。グループいつの間にか、体育着が小さくなり、きつそうです。この校庭で、この仲間で活動する一瞬一瞬を大切にしていることを感じさせられます。

「一瞬一秒あっという間に過ぎ去るけれど、それこそが宝物の一瞬一瞬」

卒業式会場も少しずつ準備をしています。6年生の保護者の皆様には、すでにお知らせしております感染症対策への御理解・御協力をお願いいたします。

19日式当日は、すでにお届けしています「感染症対応チェックシート」の御提出をお願いいたします。

↓ シートを紛失された場合は、ここをクリックし、御利用ください。

卒業式の新型コロナウイルス感染拡大防止チェックシート().pdf

 

東日本大震災発生から10年

   地震発生時に身の安全を守るためには、どのような行動をとるべきか、実際に身体を動かして行動を経験することが大切です。

 そのため、全校生でシェイクアウト訓練(訓練音声に合わせ、地震時に身を守る行動をとること)を行い、その後校庭への避難、そして引き渡しとなった場合の準備訓練を行いました。

 訓練後、東日本大震災発生から10年が経過し、震災で犠牲になられた方々に対し、冥福を祈るため、震災発生同時刻14時46分、全校生で黙とうを捧げました。

 教職員は、過去の教訓を風化させず未来の教訓につなげるために、子供たちへ、10年前の震災で自身が体験したこと、そのときにとった行動、そのとき思ったことや考えたことを語りかけました。そして、改めて子供たちの尊い命を守り抜くことについて考えました。

 

6年生を送る会

 本日、2月19日から延期した6年生を送る会が、盛大に行われました。感染症拡大防止の観点から、全校生一堂に会することはできませんでしたが、それぞれの学年が6年生へ感謝の気持ちを込めて言葉を贈ったり、ダンスなどを披露したりしました。1年生は、6年生が1年生のときに送る会で踊った「前向きスクリーム!」を届けました。6年生は「まだ、覚えてる笑う。踊れる。音楽」といいながら懐かしそうに映像を見つめます。2年生は「メイクユーハッピー」ダンスを、3年生は縦割り班の6年生へ贈る言葉を、4年生はソーラン節の踊りを届けました。そして、5年生は、惑星ループの曲を代表2名の児童が歌いながら、ランドセルを背負いながら創意工夫あふれる出し物を届けました。

 会のクライマックスは、体育館に6年生、5年生が集まり、プレゼント贈呈とくす玉割り、校旗の引き継ぎを行いましたお祝い来年度の会を運営する予定の4年生もキャットウォークから5,6年生の姿を見守りました。

 6年生から5年生へ「紫塚小学校の歴史と伝統を守っていってください。」との言葉とともに、バトンが渡されました。5年生は、年が明けてから、日々一生懸命に準備をし、運営をしました。いつの間にかリーダーシップがとれる6年生の顔に。6年生はこの学び舎を巣立っていく卒業生の顔になっていました。それぞれ場所は離れていても心が一つになり、感動させられる「6年生送る会」でした。

 

在校生は六年生からお礼に配膳台カバーとサンキューカードをいただきました。思いやり溢れる子供たちです🙌

GIGAスクール構想本格化

 すでにお知らせしている通り、4月から一人一台のパソコンでの学習が開始されます。

大田原市の小中学校は、Googleが開発した「Chrome OS」を採用したノートパソコンChromebookを使用します。その準備として、親子でパスワード相談、そして提出の依頼をしました。本日は、パソコンが開始できる初期の準備(ログインIDとパスワードの入力)を全校生が行いました。

 子供たちは、自分のChromebookを手にすると「すごい!笑う」「初めてノートパソコンが使える!興奮・ヤッター!」「YouTubeも見られる!ニヒヒ」などと歓声。うれしそうに夢中になって準備したパスワードを入力しました。1、2年生は、キーボード入力が不慣れのため、6年生とICT支援員の方の支援により行いました。1、2年生は、6年生がそばにいてくれるので、安心して入力することができました。6年生は、中学校入学後に初期準備を行い、パソコンでの学習を進めていきます。市教育委員会の皆様が見守ってくださる中、ICT支援員の皆様のお力添えで、全校生が無事パスワード設定をすることできました。御家庭の御協力にも心より感謝いたします。大変ありがとうございました。

 子供たちのChromebookへの興味関心、自身のパソコンを手にした感動を大切にしたいため、4月を待たず、早速明日からでも少しずつ使用していきます。4月まで待ちます。がまんがまん😣

 

コサージュ作り

 金曜日に引き続き、本日は6年2組の子供たちが、コサージュ作りを行いました。

一花一花、一葉一葉を丁寧に合わせ、自分なりのデザインにして仕上げます。子供たちは「難しい。」と言いながら作りますが、短時間内に自分とお家の方のコサージュを作ることができました。本日、家に持ち帰りました。6年生の保護者の皆様、卒業式当日は、そのコサージュをお付けになって御参列ください。卒業生と保護者の皆様が一斉にコサージュをお付けになったとき、どのような雰囲気になるのでしょうか。今から楽しみです。

 

部活動・スポーツ少年団活動再開!

 3月6日より各部活動・スポーツ少年団活動が再開されました。

 子供たちは、久しぶりの活動でありますが、生き生きとして参加しています。サッカー部は、いきなり交流試合となりますが、自粛期間のブランクを見せることなく、ボールを追いかけます。6年生は、この試合をもって引退となります。後輩へ先輩の意地を示していました。

 野球部は、校庭で「6年生卒団試合」が行われました。部員と保護者の皆様が参加されての試合は、真剣勝負。5年生のお母様が一丸となって作成された「祝 卒団 6年生ありがとう」の看板には、多くの方が背中を押され、心動かされたことと思います。

 バレー部も久しぶりの練習再開。迫力あるサーブは、見事。今までの自粛期間を感じさせないパワーがあります。一球一球心と力を込めて打ち込んでいました。

 今年は、感染症に翻弄されました。活動の自粛により、改めて、子供たちにとってのスポーツの意味と活動の意義を考えされられました。これらの活動は、子供たちの心身の鍛練、人間性の育成に欠かすことができない、かけがえのない活動です。保護者の皆様、指導者の皆様には、今まで大変御迷惑・御心配をおかけしました。今後も引き続き子供たちの成長へ、感染症対応を講じた活動へのお力添えをいただけますようお願いいたします。(男子バスケットボール、女子バスケットボール部の活動は、後日改めてお知らせいたします。)

 

それぞれの卒業

 6年生は、3日から卒業証書授与の練習を開始しました。

 卒業式は、感染症拡大防止の観点より、時間短縮、参列者制限などされますが、卒業生一人一人の証書授与を行います。当日、保護者の皆様に卒業生の雄姿をご覧いただけるよう準備をしています。6年生は、卒業式練習が「楽しい。楽しみ。」と言います。子供たちは、6年生が一堂に会すること、それだけでも幸せに感じています。素直な子供たちです。

 校内では、もう一つの卒業があります。それは、2年2組担任月井教諭の初任者研修の卒業です。本日、教師1年目の終了として、校長をはじめ他職員へ「巣立ちの授業」を公開しました。月井教諭は2年2組の子供たちに寄り添い、子供たちは生き生きと国語の学習を行いました。子供たち、月井教諭ともに成長した貴重な一年間でした。

 本日予定されていた6年生親子で作成予定であったコサージュ作り。親子で作成できると最高なのですが、残念です泣くしかし、子供たちは、見事に作り上げました。お家の方のコサージュも一生懸命に作成しました。今日は6年1組が作りました。月曜日は6年2組が作成します。まだHPにアップすることを待たなくてはならないのですが・・・あまりにも素敵なコサージュであり、卒業の日、手作りコサージュを親子で胸に付けるお姿を想像すると、すでに感無量。待てません。途中経過をお知らせします。

 

令和2年度朝会(最終回)

   今年度最後の朝会が行われました。感染症拡大防止の観点により、校内放送にて校長より子供たちへ講話が行われました。子供たちと担任は、教室で講話資料を視聴しながら話を聞きます。

 どのクラスでも子供たちは背筋を伸ばし、耳を傾けています。校長の問いかけで、自身の行動を振り返りました。子供たちは、時に首を横に振り、時に笑います。離れていても、全校生が一緒に同じ時を過ごし、「みんなが幸せになる まほうのことば」について考え、見つめました。

校長講話資料は下記をクリックしてください。

  ↓

校長講話パワーポイント.pdf

 3年生の教室では、1時間目に発表会が行われました。それぞれグループで調べたことをまとめ、一生懸命に発表します。発表内容原稿を見ずに発表します。内容は、紫塚小の自慢、地域の自慢の発表です。発表態度はもちろんのこと、内容も充実し、3年生の子供たちの一年間の学びの成果を目の当たりにすることができました。すばらし発表内容で、ここで終了にするなんてもったいない・・・2年生に向けて発表することにしました。

 

 

 

3月になりました

 いよいよ3月になりました。壁かざりボランティア國井様の飾りも3月になりました。

今日の給食は、一日早く「ひな祭り献立」お祝いです。ちらし寿司やすまし汁、ひしもちをイメージしたゼリーが出ました。色鮮やかな献立はうれしく、おいしくいただきました。

 朝一番、国旗塔周辺に集まる5,6年生の姿が。何をしているのだろうかと近寄ってみると、6年生が、5年生に国旗掲揚の方法を伝授しているのです。6年生の小学校生活は、残り12日となりました。

 

中学校理科専科教員による体験授業

    今日、6年生は、大田原中学校理科専科、國峯教員の授業を体験しました。子供たちは理科専科教員を目の前にすると、背筋が伸び、興味深そうに話を聞きます。「静電気」そのものを感じる学習の体験では、かなり興奮!驚く・ビックリ中学校理科への興味関心を高めました。中学校へ進学する不安が、希望と期待へ変化してきています。

早いもので、2月最終の週末を迎え、月曜日から3月です。

栃木県の感染レベルは、現在「感染厳重注意」です。3月7日まで不要不急の外出自粛が要請されています。紫小の子供たちがみんなそろって卒業式と修了式を迎えることができるよう、引き続き感染症拡大防止のための基本的取組への御理解・御協力をお願いします。

 

小中一貫教育だより2月号

メニュー「お知らせ」:大田原中学校区小中一貫教育コーナーに「小中一貫だより2月号」を掲載しました。どうぞ一読くださいますようお願いいたします。

6年生絵手紙教室

   卒業まで16日となりました。本日は、絵手紙講師荒井紀子様をお迎えし、6年生が、クラスごとに絵手紙制作を行いました。この絵手紙は、6年生まで育ててくださっている親、家族への手紙と思い出に残るものを描き表現します。ランドセル、シューズ、ボールなどそれぞれが小学校生活の中で最も描きたいと思う品を準備しました。言葉は・・・自分の思いをなかなかうまく表現できず、悩みながら筆を運んでいました。子供たちが表現する一文、一言に重みがあります。卒業式当日、会場に飾る予定です。

 

中学校生活説明

   大田原中学校渡辺教諭、増渕教諭が、本校6年生を対象に中学校の生活について伝達してくださいました。

    本年度は、感染症拡大防止の観点より、中学校説明会は、保護者のみとなっていました。授業参観や部活動体験も実施できません。そのため、新生活に不安を抱いていた児童も、中学校からの情報を得て、少し安心したようです。中学校教諭は、子供たちへ中学校生活の中に規則があること(髪型、制服の着方など)、その規則はなぜあるのかなど語りかけてくださいます。子供たちは、その問いを考えながらよく話を聞きました。緊張し、中学校の先生との出会いが新鮮であったのでしょうか、常時背筋を伸ばして話を聞きました。中学校の先生からは、よく話を聞くので、話しやすかったとお褒めの言葉をいただきました。

 また、大田原中学校区学校運営協議会 最終回が、大田原中学校にて実施されました。改めて学校は、子供たちの成長のためにたくさんの方々の支えがあることを確認することができた時間でした。詳細については、ホームページ「小中一貫教育コーナー」をご覧ください。

 

引き継がれ

   2月も最終の1週間となります。今日は、日差し暖かく、春の息吹が感じられる一日でした。学年末を迎え、日頃の清掃で行き届かないところの整理整頓・美化をねらいとして、清掃強調週間がスタートしました。 

 いつもより長い20分間清掃。みんなで一生懸命に校舎内を清掃しています。5,6年生が、1,2年生に清掃の仕方を教える姿があちらこちらで見られます。学年末、子供たちの中で、教えなくても、言わなくても引き継ぎが行われ始めています。

 

 

学校公開3/2~4:感染症対応シート

 3月2日~4日の三日間、学校公開を行います。

 その際、新型コロナウイルス感染症拡大防止シートを御提出いただきます。そのシートは、授業参観(2/12予定)の際に配布し、破棄せず活用を との連絡をさせていただいています。

 学年部会に御参加された方は、すでに使用されているかと思います。学校公開参加のため、再度シートを必要とされる場合は、下記のシートを御自宅でプリントアウトされて御利用いただくか、学校へ御連絡ください。お子様をとおして、シートをお届けいたします。御面倒をお掛けします。

      ↓ シートはここをクリックしてください。

第2回新型コロナウイルス感染拡大防止チェックシート(授業参観).pdf

PTA理事会の開催:地域応援ランチ

    昨夜、第3回PTA理事会が開催されました。竹澤会長をはじめ総務部、理事会役員の皆様には大変お世話になりました。本年度の振り返りと、来年度の見通しを立てることができました。

 なお、理事会において、本年度のPTA総会は、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点より、書面における「みなし総会」の実施となりました。詳細については、改めてお知らせいたします。

 本日の給食は、地域応援ランチです。大田原市をはじめ、栃木県のものをたくさん使った献立です。大田原市農政課が協力してくださり、地元のものを食べて、生産者も消費者も元気になろう!という取組になっています。

メニュー

・ごはん、牛乳、カツカレー、アスパラとだいこんのサラダ、いちごヨーグルト

 生産者のみなさんに感謝をしながら、おいしくいただきました。

 

部活動見学会

   16日、本日の二日間、運動部活動見学会を行いました。

   16日は、サッカー部、男子・女子バスケットボール部の見学会、本日は、野球部、バレーボール部の見学会です。

 両日とも、2年生の多くの児童が、それぞれの部活動体験を行いました。体験する児童は、実に楽しそうに活動し、教える児童は、丁寧に、分かりやすく伝達していました。バレーボール部体験に多くの男子児童が参加していることに驚かされます。野球、サッカー部にも男女かかわらず、多くの児童が集まり、生き生きと体験しました。

部活動は、学級や学年を離れた集団の中で、共通の目標に向かって、互いに励まし合い、協力し合い、高め合う場です。その中で、自主性、協調性、責任感、連帯感などを育成するとともに、仲間や顧問等との密接な触れ合いの場、心身共に鍛えることができる場として大きな意義を有するものです

 しかし、本校では年々入部率が低下しています。運動部活動によっては、競技可能チーム人数に満たず、試合ができるか、できないかといった危機的状況でもあります。上記の意義を踏まえ、子供たちが部活動の体験により、一段と成長できる機会が増えることを願っています。

 

 

夢や希望に向かい たくましく生きる子供

「将来の夢は?」の問いに「人のためになる発見をする科学者になりたい。」と答えるのは、6年生の畠山さん。

 畠山さんは、災害時に乾電池の代わりに身近な物で乾電池が作れないかと思い、4・5年生から継続研究を行ってきました。これまでの研究から、炭酸水素ナトリウム水溶液よりもクエン酸水溶液のほうが、電気を起こすことが強いことが分かり、その濃度を細かく調査して「マイ電池」を完成させたのです。

 その研究は、「第74回栃木県理科研究展覧会並びに発表会」の中央展覧会に出品されました。中央展覧会は、県内の各地区展覧会等において選ばれた優秀作品が出品されて行われるものです。地区展覧会等出品作品数 1,874点、中央展覧会出品作品数78点そのうち、最優秀賞 は27点という狭き門。なんと、畠山さんの三年間の継続研究は、その27点の中の1点「最優秀賞」に輝いたのです。

 畠山さんは、この後も多くの人を助ける発見をする科学者になる夢に向かい、地道な努力を重ねていくでしょう。その姿は、勇気と希望を与えてくれます。

 大田原中学校区教育目標は「夢や希望に向かい たくましく生きる子供づくり」です。そのために、教職員一同、精一杯力を尽くしていきます。

 「夢は何ですか?」

 

不言実行

   毎日、子供たちに教えられることがあります。

  今朝は、6年生が、昇降口入り口廊下の雑巾がけしています。忙しい朝、なぜ雑巾がけを?

  よく見ると、先日の高湿度により濡れて危険な状況である廊下を拭いているのです。急いで担任にその行動についてお知らせすると、担任も驚くのです。「私は何もいっていません。」と。

 子供たちが率先して行うこの行為には、感動させられました。

 その廊下の先を見ると、またまた6年生の姿。1年生に一生懸命に声をかけています。よくよく見ると、なかなか教室に入れないでいる1年生をなだめているのです。この行為も、だれに指示されたわけでなく、自らの思いと考えによるもの。

 卒業までのカウントカレンダーは22日に。「不言実行」の意味を教えてくれた6年生。紫塚小学校の誇りです。

 

今日の出来事

   今朝、子供たちは、安全に登校することができました。御家庭での御配慮ありがとうございました。

 1時間目は、一斉に「地震に備えて:自分の身を守る」の指導を実施しました。6年生は、13日夜に発生した地震の揺れを体験し、恐ろしいといった感情をもったようです。担任の話をじっと聞いて考えました。低学年は、ほとんどの児童が就寝中であったようです。全校生で、突然の災害に対し、どのように自分の命を守ることができるのかを見つめました。

 給食は、栃木県の代表的な郷土料理「しもつかれ」が出されました。お昼の放送では、給食委員会から、しもつかれの言い伝えや「鬼おろし」を使っての材料の切り方、給食の味付けなどについて伝達されました。給食のしもつかれは、食べやすいような材料、味付けになっており、おいしくいただきました。

 児童下校後、職員研修を実施しました。本日御家庭にお届けした全体会資料にも提示されているように、GIGAスクール構想(義務教育を受ける児童生徒のため、一人一台学習用パソコンと高速ネットワーク環境を整備する5年間の計画)が本格化されます。すでに、本校に一人一台のパソコンが届きました。さて、それではどのように活用していったらよいのでしょうか。全国の教職員にとって課題です。そこで、本日は、全職員で一人一台タブレットPCの活用について研修を行いました。まだまだ勉強が必要です。

 

地震発生時に備えて:確認

 2/13(土)夜、市内震度5弱の地震が発生しました。学校では、校内点検、通学路点検を実施した結果、大きな被害はありませんでした。

 子供たちは、突然の大きな揺れに驚きと不安を抱いたのではないでしょうか。学校では、明日登校後、子供たちの心情に寄り添い、再度、地震発生時、登下校中の地震発生時に身を守る安全な行動について確認いたします。子供たちへの指導資料をお届けします。御家庭でも御活用いただき、子供たちへの声かけをお願いします。

↓ ここをクリックしてください。

地震時行動資料.pdf

登下校中に大きな地震が起きた場合の対応について.pdf

 なお、気象庁の臨時記者会見では、東日本大震災の余震と考えられるとした上で、揺れが強かった地域では今後1週間程度、地震発生に注意が必要と呼び掛けられています。

子供たちは、東日本大震災発生時、6年生であっても1歳、2歳であり、恐らく記憶に残っておらず、経験しておりません。地震への対応について、ここで改めて向き合う必要性があります。地震が発生した場合、地震規模や災害規模、通学路の状況などを踏まえ、下校方法を検討します。保護者などへの「引き渡し下校」が必要と判断する場合は、すでにお知らせしました(9/25発送)引き渡し下校を実施する場合があります。御家庭におかれましても地震発生時の行動について御確認いただき、お気を付けてお過ごしくださいますようお願いいたします。

ここをクリックしてください。

大規模災害等発生時における児童の引き渡しマニュアル.pdf

児童待機場所 .pdf

 

むらさきづか小美術館

日ごとに春に近づいています。日差しも暖かく、やさしくなってきています。

不要不急の外出自粛の中、子供たちの素敵な作品にふれると癒やされ、ほっとします。1年生から順に御紹介します。

校内では、全校生の作品が展示されています。

バレンタインメニュー給食の後は学年部会

今日の給食のけんちん汁の中には、かわいい❤が描かれたかまぼこが入っていました。チョコプリンもうれしく、おいしくいただきました。

そして、15:40~感染症対応に万全を期して学年部会を実施しました。時間短縮での実施ですので、慌ただしかったのですが、各学年ごとに充実した話し合いができました。来年度の役員についても短時間で検討され、次年度学年部役員が決まりました。御協力ありがとうございました。ひまわり・たけのこ部会から6年生部会までの様子を順にお伝えします。

 

シトラスリボンプロジェクトpart2および学年部会開催のお知らせ

 先日に引き続き、今日は5年生が、リボンつくりを行いました。

子供たちの感想です。

・なかなか結べなかったです。

・ひもを結ぶことは難しかったです。夢中になりました。

2月12日(金)午後3時40分から学年部会を開催します。

会場案内をいたします。部会へ参加予定の皆様、どうぞよろしくお願いします。 

なお、部会へ参加されない皆様の資料は、お子様をとおし、15日(月)お届けします。

↓会場案内です。ここをクリックしてください。

教室配置図 学年部会2・12jtd.pdf

 

シトラスリボンプロジェクトpart1

   本日、6年生がシトラスリボンプロジェクトに参加しました。シトラスリボンプロジェクトとは、新型コロナウイルス感染症の患者や医療従事者への差別や偏見を防止しようとする運動です。「地域」、「家庭」、「職場・学校)」を表す3つの輪のシトラスカラー(柑橘色)のリボンを身に付けて、「ただいま」、「おかえりなさい」の気持ちを伝えます。今日は、6年生が、シトラスリボンプロジェクトinとちぎメンバーの山﨑様のお教えによりリボンつくりを行いました。
 地域に暮らす人々の心が離れ、社会から思いやりや優しさが損なわれてしまうことは、新型コロナウイルス感染症の蔓延と同じくらい恐ろしいことではないでしょうか。6年生は、リボンを作りながら、コロナ禍にあっても、誰でも安心して、健やかに暮らすことができる地域社会について考えました。明日は、5年生が行う予定です。

     また、山﨑様は、1年生から4年生の児童へもリボンをプレゼントしてくださいました。全校生でリボンを名札の中に入れます。子供たちは、リボンを見るたび、その意味について考えることでしょう。

 

お知らせ

 本日、授業参観・全体会中止についての便りをお届けしました。御一読ください。

 中止に伴い、本年度は、保護者の皆様が、お子様の学校で学ぶ様子を一度もご覧いただく機会がなくなります。そこで、保護者の皆様に、子供たちの一年間の学びの様子と成長をご覧いただく機会を設定したく、次のように学校公開を計画しています。この先、特定警戒が解除されることを想定しての計画となります。解除されない場合は、再度中止となることを御理解いただけますようお願いいたします。

              令和2年度学校公開

〇公開期間 令和3年3月2日(火)~4日(木)(3日間)9:30~12:15

〇公開時間と育成会割当

 感染症拡大防止の観点から、可能な限り分散しての参観となるよう育成会毎に時間を割り当てさせていただきます。

 なお、9:30~12:15の時間内、各御家庭1名以下、1時間以内に限り公開させていただきます。

 御参観を希望される方は、すでにお届けした「授業参観用感染拡大防止シート(黄用紙)」の提出をしていただきます。破棄されず、活用いただけますようお願いいたします。詳細については、再度お知らせします。

公開期日と時間:公開育成会
3月2日(火)9:30~12:15・・・深川1・紫塚
3月3日(水)9:30~12:15・・・深川2・栄町・送迎他
3月4日(木)9:30~12:15・・・沼の袋・成田町・赤堀東

6年生の卒業カウントダウンカレンダーをみるたび、卒業となる成長ぶりをうれしく・・・でも寂しい気持ちに。時に、このまま時間が止まってほしいとも思います。

どのクラスも、保護者の皆様にご覧にいただこうと、子供たちの力作を展示しました。今度こそは、学校公開でご覧いただくことができますように。


2/12 授業参観・全体会の中止について

 栃木県では、2月8日から、緊急事態宣言が解除されることになりました。しかし、栃木県は、県全域において警戒度レベル「特定警戒」:医療危機警報を2月21日まで継続し、県民へ感染拡大防止への協力要請を行いました。

 それを受け、12日の授業参観実施について、校内で検討した結果、子供たちの感染リスクを軽減するため、授業参観及び全体会を中止することにしました。すでに都合をおつけになり、御参観の予定をたてている保護者の皆様には、大変御迷惑をおかけしますが、どうぞ御理解・御協力をお願いいたします。

 なお、学年部会については、予定していた15:40から時間短縮で実施いたします。

 以上の詳細の内容については、改めて2月8日(月)文書にてお知らせいたします。学校では、引き続き教職員ONE TEAMとなり、感染症拡大防止対応に万全を期し、子供たちの健康と学びを守っていきます

つながる学び

 今日の子供たちの学びの姿を御紹介します。

 1年生は、英語活動を行います。歌を歌い踊りながら、英会話を覚えます。皆、笑顔で楽しく学んでいます。その学びは、3,4年生になると外国語活動へ、5、6年生になると外国語科への学びへとつながっていきます。英語を聞いたり、話したりすることは楽しいという思いをもって中学校へ入学できるように配慮しています。

 2年生は、図画工作科で版画の作品作りをしました。自分が思い描く世界を表現することは難しいことですが、子供たちは楽しんでいます。その作品づくりは、4年生になると木版画へ、5,6年生になると一版多色刷りへとレベルがアップし、つながっていきます。

4年生の作品です。

6年生の作品です。どの教室にも子供たちの作品を掲示します。授業参観時にご覧ください。

 5年生は、1月13日に実施した学力確認テスト結果を受けて見直しをしています。結果が出て終わりではなく、再度自分の問題への取組を見直しています。低学年のときは、見直すことは難しいことだったのですが、高学年では当たり前のことになっています。今日の学習は、前日の学習とそして、これからの学習につながっています。だから、毎日毎日の、一つ一つの学びの積み重ねを大切にしています。

 

 放送朝会「紫小しぐさ」

 立春を迎えました。月初めの水曜日の朝の活動は「朝会」です。子供たちと教職員は、校長の話を聞き、人としてのあり方や学習へ向かう姿勢などを見つめる場です。全校生が一堂に集まっての朝会は、本年度から感染症拡大防止対応により、リモート朝会、放送朝会と形が変化し、それも学校生活の中に馴染んできました。

 今日の放送朝会では、校長から子供たちへ「紫小しぐさ」についての話が伝達されました。

・「紫小しぐさ」とは、相手のことを考え、自ら進んで行動すること。

・「紫小しぐさ」は、紫塚小学校がずっと大切にしてきていること。

・学校生活の中で、たくさんの「紫小しぐさ」が存在すること。

教室で話を聞く子供たちは、様々なしぐさが紹介されると、背筋を伸ばし、じっと画像を見つめ、耳を傾けています。自分たちの身近なことと感じたからでしょう。

話の最後は、1年生の「コロナしぐさ(手洗いソング)」の動画が紹介されました。そして「自分でできる紫小しぐさを増やしていきましょう。」と声がかけられました。

全校生、全職員がともに、本校が大切にしている「紫小しぐさ」について見つめる時間でした。

 ↓ 校長講和「紫小しぐさ」パワーポントはここをクリックしてください。

2/3朝会:校長講話「紫小しぐさ」.pdf

 

124年ぶり2/2の節分

 今日は、節分です。1897(明治30)年以来124年ぶりに2月2日の節分となります。調べてみると、季節がずれないよう、国立天文台で暦の調整が行われていることが分かりました。だんだん春になっていきます。

 給食は、節分献立です。そのメニューは、ごはん、牛乳、イワシの梅煮、小松菜の海苔和え、鳥塩肉じゃがそして福豆です。季節の変り目を感じながらいただきました。

 新管理特別教室棟の玄関の飾りも2月になりました。見るとほっとする素敵な飾りです。

  暦の上では、春なのですが、今朝は冷たい雨が降りました。雨が降る朝は、6年生が昇降口で、下級生の登校を待ち、傘をたたむことや傘をきちんと入れる手伝いをします。この姿は、子供たちの中で自然と引き継がれており、本校のよき伝統となっています。

 昼休みになると、校庭に一番に集合するのは6年生。みんなで「ケイドロ」をしようとはりきっています。今日はロング昼休みであり、子供たちにとって待ちに待った時間です。あっという間に全校生が校庭に集まり遊びます。その子供たちの姿は無邪気で、健康であることのありがたさと幸せを感じさせられます。

 

新入生保護者会

 感染症予防対策に万全を期して、令和3年度入学生の保護者会を実施しました。

 お陰様で、時間短縮により予定されていたすべての連絡、協議を実施することができました。新入生保護者の皆様は、本日、学用品なども購入されました。入学式までに、1つ1つの用具に名前の記入などを行っていただき、入学の準備をお願いします。

 1つ1つの名前を記入することは、大変なことです。特に算数セットがおそろしい!細かいものがたくさん入っていて、数え棒やサイコロなど1つ1つに名前をつけることになります。「お名前シール」を準備したり、ラベルプリンターを駆使したり・・・手書きすればいいのでは?と思われそうですが、とんでもない。小さいものに手書きすれば字が潰れて読めないし、細々としたもの全部に書くのは気が遠くなる作業です。「名前つけ」は、小学校へ入学する親への洗礼のようなものなのでしょうか。

 4月12日が入学式です。職員一同、かわいらしいお子様の御入学をお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

新入生保護者の会場案内

新入生保護者の皆様へ

次のように会場を準備しています。

持参資料準備の上 御参加ください。お待ちしております。受付は、13:00~会の開始は13:30~になります。15:00解散予定です。低学年の下校14:50に重ならないよう調整させていただきます。

御自分の番号に着席してください。番号は受付でお渡しする名簿番号です。

日々の成長

 昨日は暖かい一日、そして今日は寒空へ。三寒四温となり、少しずつ春へ向かっています。

その寒空の中、1年生は、生活科の学習で凧揚げをしました。凧揚げをするのにちょうどよい風が吹いています。自然と体を動かすので、運動不足気味のこの時期にはもってこいの戸外あそびです。子供たちは、空高く飛ばそうと夢中になっています。1年生の生活も残り35日となりました。

 

   

 2年生の生活科の学習は、生まれた時から今の自分を振り返る学習を行います。お家の方に聞いた自分の誕生の様子や写真を見て、成長の記録をまとめます。生まれたときの御両親の気持ち、とってもかわいらしい赤ちゃんのころの写真を見ると、次第に胸が熱くなり、改めてかけがえのないお子様をお預かりしている責任を感じさせられます。成長アルバムの完成が楽しみです。

 

3年生クラブ見学会

 4年生から6年生は、火曜日の6校時にクラブ活動を行っています。学年や学級の所属を離れ、その活動を通して、異年齢集団の交流を深め、共通の興味・関心を追求しています。子供たちに人気がある活動です。しかし、今年は、感染症拡大防止の観点から後期からの実施となり、実施回数が減ってしまいました。困る

 今日の活動では、クラブ活動に仲間入りする3年生の見学会が行われました。3年生は「屋内運動、外遊び、サイエンス、家庭、図工、室内ゲーム、コンピュータ、どのクラブがいいかな~」と新しい活動へ、高学年へのあふれる期待の眼差しで先輩の活動を見学しました。期待・ワクワク

 

 

全国学校給食週間

1月24日から30日は、全国学校給食週間です。

学校給食は、明治22年山形県鶴岡市の小学校で、昼食をもってくることができない子供たちのために「おにぎり、塩鮭、漬物」が用意されたことがはじまりです。戦争で食べ物が少なくなった昭和19年は、食料不足のため給食中止に。戦争が終わり、昭和21年12月24日、外国から送られた脱脂粉乳や缶詰などの給食が再開。それをもとに「給食記念日」と設定されたそうです。

 今日の給食もおいしかったです。おいしく食べられることに感謝しながらいただきました。

6年生が登校する日数が、限られてきました。3月19日卒業まで38日間です。カウントダウンカレンダーづくりを始めました。一人一人が思いをもって作成しています。

 

令和3年度新入生保護者会内容事前把握の協力依頼

令和3年度入学生保護者の皆様へ

お知らせしましたように、時間短縮で会を実施いたします。

そのために、事前に資料をお届けします。一読いただき、御質問などがある場合は、当日本校職員にお知らせください。事前に確認されたいことがある場合は、学校(窓口:教頭22-2586)へ御連絡ください。

〇資料11ページ「新入学児童の共同購入品について」価格は、税込みの価格です。

〇資料21ページ「入学当初の下校班編成」において、お迎え依頼日時、下校時刻の変更があります。御確認ください。

〇資料23ぺージからの名簿は、当日の資料でお知らせします。配布資料も当日となります。

〇現在、感染症状況は予断を許さない状況です。学校と保護者の皆さんの迅速な情報共有による対応実施のため、2月1日当日、連絡メール登録を実施していただく予定です。御承知おきください。

↓ 令和3年度新入生保護者会資料は、ここをクリックしてください。

令和3年度新入生保護者会資料.pdf

連絡がある場合、ホームぺージにてお知らせいたします。引き続きホームページの確認をお願いします。

 

立腰ほかほかタイムの紹介

 本校では、火曜日と金曜日の朝の活動は、学習の時間を位置付け、子供たちの基礎学力の定着が図っています。その学習開始前に、心身ともに整えてから学ぶことができるよう「立腰ほかほかタイム」と名付け、学習姿勢(立腰)指導を行っています。穏やかな音楽を聴きながら深呼吸をし、次第に姿勢を整えていきます。その時間は、学校全体が静まり、穏やかな空気が流れます。「今日も一日、穏やかな気持ちでみんなと仲良く過ごしましょう。」とアナウンスが流れて終了となります。

立腰は、姿勢がよくなるだけではなく、その習慣が身に付くと、気持ちのコントロールや集中することができるようになります。立腰の功徳はここをクリックしてください。

 ↓ ここをクリックしてください。立腰の功徳などの資料です。

よい姿勢.pdf

功徳.pdf

昼休みの校庭

 寒さの底から、春に向かっています。イベント昼休みの日差しは穏やかで、校庭では、子供たちが笑顔で遊びます。鬼ごっこなどで走ることが好きな紫小の子供たちです。幸せなひと時が広がる時間です。

 

祝 10000アクセス突破

 10月から開設し、10000アクセスを突破しました。お知らせお祝い

 いつもご覧いただいている皆様にっこりありがとうございます。笑う

 このホームページ「edumap」は、東日本大震災の際、被災された小中学校の情報共有のためにスタートしたそうです。被災状況、遺体安置所、行方不明児童数の情報が次から次へとアップされたときは、大変辛かった・・・と。そして被災から学校再開のための情報共有の場へと変化していったそうです。「きっとこのような災厄は、また私たちを襲うだろう。そのときに、子供たちや教職員がどこにいても、どんな状況であっても学校を守る船を提供したい。」という思いで「edumap」と名付けたそうです。

※edumapは一般社会法人教育のための科学研究所とNTTデータ、さくらインターネットが学校情報のオープンデータ化を目指し開始した学校ウェブサイト提供プロジェクトです。

 現在、新型コロナウイルスが猛威を振るい、その対応のためにホームページの情報伝達に果たす役割が大きくなっています。

 今後も保護者の皆様、地域の皆様へ最新情報を常に発信し、平時にも非常時にも責任をもって有効に活用し、少しでも皆様の安心につながることができるよう努めていきます。子供たちの成長の様子を中心に情報をアップしていきます。引き続きご覧ください。

(10,000アクセス ジャストの瞬間を心待ちにしておりましたが、気が付くと・・超えていました。うれし泣きありがたいことです。)

 今日の朝の活動は、音楽朝会です。担当は、5年2組。「さんぽ」の演奏です。

 子供たちは、感染症拡大防止のため、各クラスにおいて、演奏映像を見て聴いて、口ずさみました。5年2組の皆さんの演奏は、リズムがよく、明るく元気にさせてくれました。さらに素晴らしいのは、演奏したいという気持ちが日々高まり、昼休みなどを利用して、自主練習をしていたことです。5年2組のクラスみんながぎゅっとまとまり合奏することができました。目の前で演奏を聴いて、全校生みんなで歌える日が、一日も早くきてくれますようにと祈るばかりです。

 

食育の日

    今日の「よいちくんランチ」は、大田原市地元農産物活用支援事業の取組により、牛肉や野菜などは無償提供となります。

メニュー

・ごはん・牛乳・よいちくん餃子・ウドと干瓢の梅鰹和え給食・食事

・すき焼き風煮・よいちくんゼリー笑う

※配膳量は、発達段階で違います。パンなどの大きさも低学年、中学年、高学年で違っています。写真の分量は、高学年(もりもりよく食べるお子さん)や教員向けです。

   近年、偏った栄養摂取、朝食欠食など食生活の乱れや子供たちの健康を取り巻く問題が深刻化しています。こうした問題を解決する重要な役割を果たすのが食育です。子供たちが、食に関する正しい知識と望ましい食習慣を身に付けることができるよう、積極的に食育に取り組んでいます。

給食の様子と感想をお伝えします。

・よいちくん餃子のしょっぱさとごはんの甘みがとても合っています。

・地元の方が作ったものは、おいしいです。

・給食を食べて、やる気がチャージできました。笑う

  成長期の子どもに対する食育は、子どもたちが一生涯にわたって健やかに生きていくことができるよう、その基礎をつくるために行われます。生活習慣病の予防は、子供のころの食生活からです。4月に入学した1年生は、完食した上、おかわりをして食べるようになってきました。(ご飯一粒も残さず、きれいに食べようと努めており、感心します。)それに伴って、身長が伸び、しっかりした体になってきました。粘り強さも増してきました。喜ぶ・デレ

 

令和3年度新入生保護者会変更内容&感染症拡大防止予防対策

令和3年度入学生保護者の皆様へ

新入生保護者会は、予定通り令和3年2月1日(月)に実施します。

緊急事態宣言期間中での新入生保護者会の開催になります。

感染症拡大防止対策に万全を期して行います。次の感染症拡大防止対策の徹底に御理解・御協力をお願いします。

1 校内入校の際

・駐車場は、西駐車場を御利用ください。体育館入り口よりお入りください。

御自身の履物、履物を入れる袋御準備ください。履物の管理は御自身でお願いします。体育館内、暖房しながら換気を行います。上着着用の上御参加ください。

・就学時健康診断時にお渡しした「感染症拡大防止シート」の提出をお願いします。

シートはここをクリックしてください。すでに就学時健康診断の際にお渡ししております。

新型コロナウイルス感染拡大防止チェックシート:新入生保護者会.pdf

・入り口では、手指消毒を実施してください。

・受付は、地区ごとに行います。事前に御自身の地区はどこなのか確認してください。提出書類は、指定されたかごの中にすぐ入れられるよう御準備ください。

   ①預金口座振替依頼書

   ②PTA会費等口座振替台帳

   ③令和3年度通学班編成資料

   ④新型コロナウイルス感染症防止チェックシート

・受付後、地区ごとの地図に御自宅のシールを貼っていただきます

2 日程変更

・オリエンテーションと諸連絡は1時間(13:30~14:30)で実施と変更します。

・校長のみあいさつを行います。各担当者が、資料にそって、簡潔に説明いたします。

・学年PTA結成と下校班及び交通当番編成も短時間で実施します。

・別紙 PTA「1学年部会組織」をご覧いただき、役員についてお考えの上、御参加ください。

PTA学年部会組織は、ここをクリックしてください。

PTA第1学年部会組織.pdf

・別紙入学「当初の下校班編成」をご覧いただき、お迎えが可能な日時を御検討され御参加ください。特に、御近所の方が分からないということで、編成に時間がかかる場合があります。御近所において、お子様の同級生は、どなたなのか、できる範囲で結構ですので事前確認をお願いします。

下校当番表はここをクリックしてください。

当初の下校班編成.pdf

3 入学用品の販売について

・販売時間は、14時30分~15時までの30分間を予定しています。

・保護者同士、保護者とスタッフの距離を十分に確保してください。

・別紙「令和3年度新入学児童の共同購入品について」をご覧いただき、購入する物、を決定し、業者ごとにおつりがないよう料金の準備(袋に入れる)をしてください。(接触感染リスクの低減のため)

共同購入品はここをクリックしてください。

 令和3年度新入学児童の共同購入品.pdf

・業者の方へ、感染症拡大防止の徹底を依頼しました。保護者の皆様も御理解・御協力をお願いします。

・購入が完了しましたら、解散となります。

以上の連絡手段は、このホームページのみとなります。保護者の皆様全員にお知らせしたいため、お知り合いの方がいっらしゃいましたら、ホームページでの確認について御連絡いただけますようお願いいたします。

なお、当日欠席となる場合や問い合わせがある場合は、学校(窓口教頭)0287-22-2586へ御連絡ください。

授業での感染症対応の様子

授業の中での感染症対応についてお知らせします。

対策①共有の教材・教具、情報機器などを使用する際は、使用前後に手洗いを行います。パソコンは、使用後に専用の消毒機器を利用し、消毒作業を行っています。

対策②マスクを外し、1m以内の近距離による、15分以上の活動は、実施しないようにしています。

 6年生の音楽科の授業の様子です。マスクを着用し、対面による飛沫感染を防ぐために机の配置を工夫しています。子供たちの歌う喜び、演奏する楽しさを低減させないように気を配っています。

1年生と5年生の体育科の授業の様子です。密集する運動、近距離で組み合ったり、接触したりする運動は行いません。個人の技術向上、運動量の確保に配慮しながら運動をしています。個人の技術力を生かし、チームでの対抗試合などができる日が一日も早くくることを願っています。

気を引き締めて基本的感染症対応を実施

栃木県に「緊急事態宣言」が発令されました。

 子供たちは、体調不良などでお休みしている児童が数名いますが、元気に通常の教育活動に取り組んでいます。教職員は、再度校内での感染症対応について確認し、最善の注意を払っていきます。

 朝:教室に入る前に、昇降口で「AI顔認証サーモグラフィー」により体温とマスク着用など健康チェックを行います。一人一人の体調、全児童の測定履歴確認も行い、健康管理をしています。

教室の入り口には消毒液を設置し、出入りの際いつでも、消毒できるようにしています。教室は、暖房中でも対角線上一か所窓を開け、換気に気を配っています

 給食は、前向き給食を継続します。最も感染リスクが高まる給食の時間は、食べる直前にマスクを外し、食べ終わるとマスクを着用しています。給食中の会話をしていません。

 保護者の皆様、この状況の中、学校での感染症対応について心配されていると思います。明日は、感染症対応をしながらの学習の様子をお伝えします。新型コロナウイルス感染症から、自身と身近な人の命を守れるよう、御家庭と協力して、ここを乗り越えたいと思います。

 

令和3年度新入生保護者会について

令和3年度入学生保護者の皆様へ

 保護者会実施にあたり、新型コロナウイルス感染症拡大防止対応により、会の内容を検討しております。

現在のところ期日:令和3年2月1日(月)13:00~受付 場所:本校体育館にて実施は、変更しておりません。

 検討し変更がある場合は、ホームページにてお知らせいたします。今後は、大変でもホームページでの確認を実施していただけますようお願いいたします。(ホームページの御案内は、10月2日就学時健康診断の際、実施しております。)

全校生で力試し!

   今日は、全校生で学力確認テストを実施しました。

  1年生から4年生は、国語科、算数科の力試しを、5,6年生は国語科、算数科、理科、社会科4教科の力試しを行いました。学校全体が静まり返り、今までの学び、努力を試しました。テスト後の子供たちの感想です。

・まあまあできたかな~。苦笑い

・理科が難しかった。国語科も難しかった。算数科は思っていたよりできた。にっこり

・最後までがんばった。けど、どうかな・・・喜ぶ・デレ

など、テストが終了するとほっとした表情で感想を伝えます。テストの後の給食は、ほっとしたのでしょうか、いつも以上に楽しそうに、安心して食べていました。

今日の給食メニュー:揚げパン(きなこ味)、ちゃんぽんうどん、だいこんサラダ

不審者対策!いかのおすし

 今朝は、積雪・路面凍結の心配はなく子供たちは元気に登校することができました。御心配をおかけしております。

 災害は、いつどこにやってくるかわかりません。大地震や豪雨などの災害は、人間の力ではくい止めることはできませんが、災害への備え(減災)によって被害を減らすことが可能です。本日は、浅香交番警察官とスクールサポーターのお力添えをいただき、緊急時「不審者侵入」への対応に備え、避難訓練を行いました。

 教職員は、不審者侵入時の初期対応、緊急連絡などの実地訓練を行いました。子供たちは、訓練に至るまでの話合い、そして訓練、訓練を終えての振り返りを行いました。緊急時の対応に備え、頭を悩ませ、色々な考えを巡らせることが、しいては防犯意識を高めていくことにつながっていきます。命を守るために、今できる備えをしっかりと行っていきます。

「いか・の・お・す・し」が不審者避難のポイントです。

いか・・・行かない

の・・・乗らない

お・・・大声で叫ぶ。

す・・・すぐ逃げる

し・・・知らせる

という意味になっています。

不審者侵入防止のため、昇降口、教室出入り口等は、しっかりとかぎが閉められました。よって訓練時の児童の様子は撮影できませんでした。

降雪に伴う登下校時の注意喚起について

  明日の明け方にかけて,強い冬型の気圧配置により,山間部を中心とし断続的に雪が降り,平地でも積雪の予報です。雪子供たちへ、時間に余裕をもって安全第一で登校できるよう声掛けをお願いします。積雪や路面凍結による転倒に十分注意できるよう、手袋とマスクの着用、安定性高い履物の準備に御配慮願います。教職員は、通学路点検、安全な登校支援を実施します。

 壁飾りボランティア:國井里美様手作りの飾りも1月になりました。今月も見事な飾りです。ありがとうございます。

 

 

みんなで希望の光輝くスタートへ

 子供たちの声が響き、学校に活気が戻ってきました。今日は、一人一人心新たに目標や希望と向き合う一日です。

 心配していた降雪、強風もなく、13:15~全校生で「冬休みを振り返る会」を行いました。

 初めの6年井上さん先導での堂々とした新年のあいさつは、場の「空気」を変え、気が引き締まりました。

 次に、藤原校長から金子みすゞの詩「みんなを好きに」が紹介され、次のことが子供たちに伝えられました。

ここをクリックしてください。

1月みんなを好きに.pdf

〇みんながいて、素敵な学校がある。だからこそ、自分自身を好きになってほしい。自分を含めた周りの人を好きになって生活してほしい。

今年の目標をもち、それに向かってがんばることで一人一人の心の花を咲かせてほしい。心の花の色付けは自分自身。それらを集めて紫小の花束を作りたい。今年も元気にたくましく生活していきましょう。

 そして、6年相田さんの「新年の抱負」は、先日の練習の成果が発揮され、心に響きました。

新年の抱負①学校を休まないこと(入学してから、欠席、早退、遅刻0です。)手洗い、うがいなどをして休まない。

新年の抱負②苦手な算数をがんばること

あと3か月で卒業。一日一日を大切にして過ごしたい。思い出をたくさん作りたい。勉強も部活もがんばるかっこいい中学生になりたい。

 最後に、新しい二人の友達(ミュンヘン日本人国際学校から)が紹介されました。二人の自己紹介「ドイツから来ました。よろしくお願いします。」という言葉を聞いて、子供たちは目を丸くしていました。(ドイツ?どこ?という感じ)

 今年一番冷え込んでいる校庭ですが日差しはやさしく、そこに全校生が一堂に集まりました。感染症対策を講じた上、久しぶりに全校生(356人)が集合できたことは、それだけで、大変うれしいことでした。感染症拡大により心配や不安がふくらむ中、みんなで希望の光が輝くスタートをきることができました。今後も子供たちのことを一番に考えて、現状の中でできるベストの教育を追求していきます。

本日の担任による子供たちを迎える黒板アート:続編

明日から学校生活2021スタート

 寒さが和らいだ一日です。

 いよいよ明日より学校生活がスタートします。各学年だよりにて8日の日程、準備物の連絡をしています。再度確認してください。子供たちが、心新たに目標をもって登校できるよう御支援をお願いします。「冬休みを振り返る会」は、明日の天気、感染症拡大防止対応、ZOOMの不安定な配信状況に配慮し、昼休み(13:15~)、校庭にて身体的距離を確保し、全校生一堂に集まり実施することにしました。(変更しました。さらに気象状況によっては各教室において放送により実施などに変更します。

 本日、「新年のあいさつ」をする6年井上くん、新年の抱負を発表する6年相田くんが、その会の練習を行いました。二人とも一生懸命に練習に取り組みました。すでに緊張しています。明日の本番が楽しみです。

   明日からも下記の基本的な感染症対応への御理解・御協力をお願いします。感染症対応校内マニュアルを更新し、教職員も気を引き締めて対応していきます。

朝の検温を実施し、お子さんの健康状況、御家族の健康状況の把握と記録(すでにお届けしたシートへの記録)をお願いします。

②発熱や風邪症状などがある場合は、自宅で休養させてください。

   県内、市内において感染症拡大の歯止めがかからず「特定警戒」期間延期(1/31終期は予定)されています。市内においても児童を含め、感染者が増える可能性が極めて高い状況です。引き続き不要不急の外出自粛をお願いします。

 今後、感染した児童、その家庭が不当な差別をうけることがないよう次のチラシを参考に御理解・御協力をお願いします。

こちらをクリックしてください。

新型コロナ差別防止チラシ.pdf

手洗い・咳エチケットチラシ.pdf

担任は、黒板アートを工夫し、子供たちを待っています。どの教室にどんなアートが描かれているのでしょうか。お楽しみに。

 

寒の入り

 本日小寒を迎え、寒さが厳しくなってきました。

 本日より学校業務を再開しています。教職員は、8日に子供たちを迎える準備を進めています。新型コロナウイルス感染症拡大が止まりません。感染防止のための校内マニュアルについて「新たな情報をもとに更新」を考えています。

 部活動については、下記のことについて連絡いたします。

 ○栃木県は、1月11日まで「特定警戒」であることから、市内全小中学校において、部活動(練習等を含め)は、引き続き11日までを中止とします。

冬季休業開始から4日までに大きな事故、けがの学校への連絡はありません。皆さん、健康で充実した日々をお過ごしのことと思います。家庭学習も継続し、宿題の取組は終盤を迎えていることでしょう。引き続き、感染症防止、健康保持などに努めていただけますようお願いいたします。元気な子供たちに会えることを教職員一同楽しみにしています。(8日に向けての諸連絡は、ホームページを活用していきます。)

教室のかめも金魚も元気です。キラキラじっと子供たちを待っています。笑う

新年あけましておめでとうございます。

 令和3年の幕が開けました。お祝い

 令和2年は、未知のウイルスに翻弄され、緊急事態宣言から暮らしが一変した一年でした。

その中でも、校内陸上記録会、体育運動発表会、校内持久走大会、地域探検ウォークラリー、日帰り修学旅行など、できることを可能な限り実施することができました。このような行事、諸活動の成功と子供たちの活躍は、保護者の皆様や地域の皆様の支えがあったからこそ成し遂げることができたものです。ありがとうございました。

    新年のスタートとともに、一年生が育てている鉢植えからチューリップの芽が出始めました。寒さに耐え、土を押し上げ、たくましく、着実に成長しています。

 子供たちの成長にも自粛はなく、着実に前へ前へと進んでいます。令和3年度も引き続き、教職員ONE TEAMとなり、子供たち一人一人を大切にし、成長を支えていきます。

    コロナと向き合い、迎える新しい時代。皆様 誰もが健やかに、自分らしく歩む未来となりますことを願います。保護者の皆様、地域の皆様、今後も本校教育活動への御理解・御協力をどうぞよろしくお願いいたします。

 令和3年1月1日 

大田原市立紫塚小学校教職員一同

警戒度レベル「特定警戒」における対応

12月30日、栃木県の警戒度が4段階で最高の「特定警戒」に引き上げられました。

現段階で、次の対応への御理解・御協力をお願いします。

12月30日~1月7日まで(冬季休業中)の部活動は、中止とします。

 ※1月7日以降の対応は、再度連絡いたします。

○1月8日(金):この日より学校生活再開となる日の対応

 栃木県、大田原市としては、現段階「通常通り」です。

今後の状況により、変更などが生じた場合は、再度御連絡いたします。

重ねて、栃木県より県民に対する協力要請への御理解・御協力もお願いします。

 

 

 

 ↓こちらをクリックしてください。

栃木県公式HPより各種情報を得ることをできます。               

 http://www.pref.tochigi.lg.jp/c05/kouhou/korona.html

 

 

 

こちらをクリックしてください

 http://www.pref.tochigi.lg.jp/e04/welfare/hoken-eisei/kansen/hp/kennsairyoutaisei.html

冬季休業中

(12/30~1/4)の急を要する対応、問い合わせは、レンタル携帯電話(窓口:教頭)へお願いします。 

080-8848-5417

1月5日、6日、7日は、学校(22-2586)へ

 

新型コロナウイルス感染症 医療危機回避への協力依頼

 13日間の冬休みがはじまりました。しかし、全国で感染者が増え続け、栃木県において「栃木県医療危機警報」が発令されました。子供たちそして保護者の皆様が「うつらない」「うつさない」ために医療危機回避するために、栃木県・大田原市より次のことについて要請がありました。

○不要不急の外出はできるだけ控えてください。

○年末年始の帰省については、慎重に検討してください。

○初詣は混雑する時期を避けてください。

○大人数、長時間の飲食、飲酒を伴う忘年会・新年会の開催は、自粛をお願いします。

飲食は、家族、いつもの仲間と、短時間で開催してください。隣の席との間隔確保や、会話時のマスク着用など、基本的な対策の徹底をお願いします。

この冬は、いつもと違う初めての冬です。御家族みなさんそろって、静かな年末年始を。グループどうぞ御理解・御協力をお願いいたします。

 

冬休みを迎える会 明日より冬休み

   冬休みを迎える会は、体育館で実施しました。3、4年生が参加、1、2、5、6年生は、密を避けるため、各教室にZOOM配信され、会に参加しました。

 藤原校長から、六年生の活躍、一人一人の努力を称賛する言葉が伝えられ「子供たちが事故やけががなく、元気に笑顔で学校にきてくれることが、先生方みんなの幸せです。」という言葉を耳にすると、子供たちは、穏やかな表情で眼を輝かせていました。

   2020年の漢字は「密」、藤原校長の2020年の漢字は「新」。「今年みなさんとの新しい出会いがあり、新しい生活様式となった。これからは、新しい発想でチャレンジしていきましょう」と声がかけられました。今日までの学校生活を振り返っての発表は、1年生田代さん、3年生熊田さん、5年生初見さんです。3人皆、堂々と自分の思いと考えを発表しました。

   その後、児童指導主任から安全な楽しい冬休みにするために大切なことが伝達されました。特に、ネットゲームのやり方など、情報モラルについては、担任が各学年の発達段階に応じた指導を行いました。御家庭でも御協力をお願いします。(すでに御家庭にたよりをお届けしていますが。再度御確認ください。)

            ↓ここをクリックしてください。

ネットゲーム防止依頼文書2.pdf

会の最後は、多くの児童の表彰が行われ、誇らしい表情で賞状を受け取りました。

 今日はクリスマス。給食にはケーキがでました。記念日「超おいしい!」「チョコレートケーキだ!」と子供たちは大喜び。興奮・ヤッター!笑う校内笑顔の輪が広がり、2020年を閉じることができました。ピース

保護者の皆様の本日までの御理解・御協力に心より感謝いたします。ありがとうございました。よいお年を。

大掃除実施中

   2020年も残り7日間となり、冬休みも目の前になりました。

 ただ今、清掃強調週間となり、子供たちと教職員ともに力を合わせ、校舎内の一年間のすす払いをしています。大掃除には有形無形の様々なものを払ってけじめをつける意味があります。すっきり気持ちよく新年を迎えられるよう、準備中です。

 12月上旬の校内人権週間で考えた一人一人の「なかよし標語」が掲示されています。人と人とが仲良くなるためにどんなことが大切なのかよく見つめています。いくつかの標語を御紹介します。「あいさつは えがおになれる まほうだよ」の標語のとおり、児童指導主任を中心に、職員チームを組んで「えがおであいさつができる子の育成」に努めています。11月のあいさつ名人が発表されました。

心温まる時間

    感染症拡大防止対応のため、前向き給食が継続中。友達と楽しくお話ししながらの給食は、しばらくお預けとなっており、少々味気なく感じる時間です。そんな状況の中、放送委員会児童は、少しでも楽しい時間にしようと、クイズを出したり、音楽をかけたりしています。先日、第60回那須地区児童生徒読書感想文コンクール最優秀賞に輝いた、4年公文さん「本当のま法はあきらめない心」、1年猪瀨さん「みんな みんな おなじ いのち」の読書感想文朗読が行われました。それは、最優秀賞にふさわしい内容、朗読であり、聞いている多くの人の心を温めました。

   本日の朝の時間には、広報委員会、環境委員会のお知らせがありました。両委員会から、学校行事予定掲示物の作成について、ペットボトルを集める意味や注意事項、とうがらし栽培状況などについての発表がありました。本年度もしぐさ朝会、音楽朝会、各委員会の発表など、できることを可能な限り工夫しながら実施しています。ただし、感染症拡大防止のため、映像により各クラスに配信しています。よって、保護者の皆様には、ご覧いただけません。ただ今、その映像を皆様にご覧いただける機会を考えています。

6年生特別授業「かべかざり」作り

    日ごとに卒業に近づいている6年生への特別授業が行われました。

    とちぎ未来づくり財団 なす高原自然の家 反保直子社会教育主事を指導者に迎え、図画工作科の学習「かべかざり」作りの授業です。

    反保指導員は、6年生の子供たちが、1、2年生の時の担任。6年生は、久しぶりの1,2年担任との出会いに喜び、終始笑顔。那須高原の森からの贈り物:どんぐり、まつぼっくりなどを使い、それぞれ創意工夫あふれるかべかざりをつくりました。

    反保指導員は、子供たちの著しい成長に驚き、内面の成長に感無量。幸せな時間だったと笑顔で感想を伝えてくださいました。

   本日「冬休みの過ごし方」「冬の感染症防止対応について」のお便りをお届けしました。こちらでも確認ができます。

 ↓ここをクリックしてください。

冬休みの過ごし方について.pdf

冬休み前:冬の感染症対応:保護者通知jtd.pdf

冬至(今日の給食の様子)

    二十四節気のひとつで、北半球では太陽が一年で最も低い位置にきて、夜が一番長くなる日です。冬至に食べるものとして親しまれているのが、冬至がゆ、かぼちゃ、ゆずです。

 本日の給食のメニューであるほうとう汁(かぼちゃが入っています)、トロさばもてぎゆずみそやき(ゆず)は、冬至に合わせたメニューです。給食・食事

 学校給食献立は、市内栄養教職員が月一度集まり、時間をかけて作成しています。栄養バランスはもちろんのこと、食に関する知識や食習慣を身に付けることができるように工夫を重ねています。

 市内産コシヒカリ、県内産生乳を使った牛乳、市内県産の新鮮な食材を使用しています。季節にあった献立、全国の郷土料理、子供たちの歯を鍛えるかみごたえのある食材の準備など工夫し、思いを込めて作っています。にっこり

子供たちの感想:感染症拡大防止のため前向き給食実施中

・とにかくおいしかった。

・ほうとうとかぼちゃがうまく混ざり合っておいしい。

今日の出来事

今朝の安全な登校への御協力、ありがとうございました。全員、元気に安全登校をすることができました。

 年の瀬を迎え、学習においても現在までの学びをまとめる時期を迎えました。そこで、全校生で学力をアップさせようという意識を高めるために、校内学力アップウィーク(16日~25日)を設定しました。 

 5,6年生は、実力テストを実施。テストは、担任そして担当教科教員の手作りテストです。今までの授業の流れと子供たちの取り組む姿を思い浮かべながら、時間をかけてテストを作成をしました。その思いが伝わるのでしょうか、子供たちは、テスト一問一問に真剣に取り組んでいます。テスト結果は、御家庭にもお知らせする予定です。

 1年生から3年生は、歯科衛生士による歯の保健指導を行いました。それは、歯や口の中の様子を知り、むし歯の予防について考え、実践する態度を養うことをねらいとしています。

 1年生は、6才臼歯(乳歯のさらに奥に生えてくる永久歯)の存在と磨き方を知り、鏡をみながら、丁寧に磨く練習をしました。2年生と3年生は正しい歯磨きの仕方を学びました。明日は、4年生から6年生が学びます。

表彰そして音楽朝会(先生の演奏)

今朝の日の出は、息をのむ美しさ。

しかし、あっという間に雪空に。子供たちは、ひさしぶりに降る雪を見て、喜びながら登校しました。

 8:10から表彰が行われました。今年も子供たちの輝かしい誉れが続々と届いています。いつもは、全校生が体育館に集まり、その誉れを見守り、拍手をおくるのですが、感染症拡大防止のためZOOM配信による校内表彰式を行いました。今後も子供たちの努力、栄誉をみんなで大切にしていきます。

 その後、恒例となっている先生方の演奏による音楽朝会が実施されました。こちらも感染症拡大防止のため、映像での演奏を各教室に届けました。校長先生はサンタ衣装を装い指揮者です。先生方は、ウクレレ、エレキギター、ピアニカ、キーボード、ピアノ、リコーダー、すずなど様々の楽器を分担し演奏します。クリスマス衣装も装いました。

 1年生は、先生方の演奏に大興奮。どのクラスも先生方のいつもと違う姿を見て大笑い。思わず踊り出す子、校長先生の真似をして指揮をする子・・・外は雪、そして教室では、温かな雰囲気の中で、あわてんぼうのサンタクロースを歌う子供たちの声が響いています。

なかよし集会(ペア学年)

 14日(月)ペアである2年生と5年生が集会を行いました。(1年生と6年生が、3年生と4年生がペア学年としてなかよし集会を実施しています。)

 本校は、異学年交流の場を意図的に設定しています。異学年交流を通してとかかわることの喜びを知り、自分の存在が周りの人に役立っている、貢献していると認識できる心を育てることをねらいとしています。5年生は、2年生が楽しく遊ぶためには、どんな活動がいいのか、役割分担はどうすればいいのか・・・など時間をかけて話合いを重ね、集会を行います。

 ボールあてゲームでは、2年生は利き手で投げますが、5年生は利き手を使わずにボールを投げます。そして、5年生は、自分が投げる前に2年生へボールを手渡します。活動の最後には、2年生へ手作りプレゼントを贈呈。2年生を気遣いながら優しく接する5年生の健気な姿に心が温まります。

 2年生の感想です。

・すごく楽しかった。よかった。最後に5年生から鬼滅の刃のおりがみをプレゼントしてもらいました。5年生はすごいと思いました。

・ぼくたちも5年生になったら、2年生と遊びたいです。今度はぼくたちが計画したいです。そのときは、人気キャラクターのおりがみプレゼントを準備したいです。

人と人のつながりの中で、伝統が育まれていきます。

日本文化デジタルパンフレット作成

 9日(水)6年1組国語科の学習において、学んだ表現の工夫、文章構成等を生かし、日本文化デジタルパンフレット作成を行いました。

 日本文化の選考は、日帰り修学旅行体験(仙台、福島方面)を生かします。完成したデジタルパンフレットは、来年修学旅行を体験する5年生に届けるといった設定です。

 子供たちは、コンピュータを生かし、思い描いているパンフレットになるようプログラムを組み立てます。動くパンフレット作りへの挑戦です。表現力とともに、プログラミング的思考(物事のしくみを理解し、順序立てて考えていく力)を身に付ける授業です。6年間で培った言語力を生かし「激動の時代を今に伝える 鶴ヶ城」というタイトルをつける児童、デジタル特有の表現の工夫を取り入れる(写真を斜めにする、魅力的なタイトルの色と動きにする、音声を入れるなど)児童の創造性とデジタル技能習得の速さには驚かされます。

 急速に進展している情報化社会で生きていくために、子供たちに必要な力の育成とは・・・授業とは・・・教職員チームを組んで探っています。西原小学校教員、大田原中学校教員も授業参観をされました。ともに探っていきます。

4,5年生の算数科:少人数学習

     子供の成長は、9~10歳の時期に大きく転換します。これまでは具体的なものや数以外を認識するのは困難でしたが、抽象的な概念も理解するようになります。小学校の学習では、発達段階に合わせて抽象的思考が必要とされはじめます。しかし、子供の発達には差があるため、まだ抽象的思考を獲得していない場合、例えば算数科の学習では、分数や割り算の学習等につまずきはじめます。その状況は、「10歳の壁」「小4の壁」と言われています。また、身体も大きく成長し、自己肯定感をもちはじめる時期ですが、反面、発達の個人差も大きく見られることから、自己に対する肯定的な意識をもてず、劣等感をもちやすくなる時期でもあります。

    そこで、「小4の壁」「10歳の壁」を乗り切れるために、4年生と5年生は、学年だよりでもお知らせしましたように、学年全体を3コースに分け、少人数学習を実施しています。学習進度は、3コースそれぞれ、同じです。コースごとに、子供たちの学ぶ意欲が高まるよう課題への取り組み方、問題数等を子供たちに合うように工夫します。そして、支援教員を増やし、きめ細やかな指導で一人一人の習熟を図ること、子供たちが、自信をもって学ぶことができるようにします。 この時期、子供たちに自信をつけさせること、つまり「自己肯定感の育成」も大切です。子供に自信をつけさせるシンプルな方法は、「ほめる」ことすごい」「すばらしい」「さすが」「ありがとう」のようなワードを使うと、子どもにとって「ほめられた」ことが分かりやすくなります。毎日家で1時間も勉強しているものね。さすがだね。」「自分から問題に取り組むとは、すばらしい!」など、できるだけ具体的な言葉にしています。どの教室も学びに向かう姿勢に変化が見られ、誰もが一生懸命に学んでいます。子供たちが分かる授業、分かる喜びを味わえる授業づくりに努めます。

5年生は、「割合」についての学習をスタートさせました。よりよい生活を過ごす上で「割合」の理解は大切です。

4年生は、小数のかけ算とわり算の学習をスタートさせました。5年生の「割合」の学びには、小数のかけ算とわり算の理解が必要です。1つ1つ、毎日毎日、学びを積み重ねています。

 

 

人権教育研修

    校内人権週間中です。教職員の人権教育研修を行いました。授業で活用できるアクティビティーの体験的理解をねらいとした研修です。

 研修を通して、人はそれぞれに物の見方と考え方には違いがあることを実感することができました。そして、その違いは、コミュニケーションを図ることで分かり合えることを改めて理解することができました。早速、学級生活の中で、授業の中で意識し、子供たちに接していきます。

 3日から個人懇談が行われています。担任と保護者の皆様とのコミュニケーションにより、お子様の学校での様子について理解していただくことをねらいとしています。懇談で捉えたことは、お子様のよりよい成長のために、学習指導・児童指導に役立てていきます。

 

 

朝会:作文朗読

   12月1日~4日まで校内人権週間です。子供たち、教職員が、人権の大切さを考える4日間となります。

朝会の校長講話では、金子みすずさんの詩「私と小鳥と鈴と」をもとに、一人一人だれもが得意と苦手があること、その得意と苦手を互いが理解し合うことの大切さが伝えられました。日常の思いやりの心によって人権(人間が人間らしく生きる権利、生まれながらにもっている権利)が守られることについて考えました。

 「私と小鳥と鈴と」の詩はこちらをクリックしてください。

           ↓      

                               私と小鳥と鈴と.pdf

   その後、「もし私が知事になったら、こんなことをしてみたい」というテーマによる令和2年度「ジュニア知事さん」作文コンクールにおいて、知事賞を受賞した6年畠山さん、第70回全国小中学校作文コンクールにおいて最優秀賞に輝いた2年大槻さん「ピアノを思い出した日」、4年布野さん「自分にできることをがんばりたい」の作文朗読が行われました。全校生が、3人の作文朗読を静かに聞きました。3人の作文は、受賞にふさわしい希望と思いやりにあふれる秀作であり、心動かされる朝の時間となりました。

どの教室でも姿勢をよくして、3人の作文朗読に耳を傾けています。 

 

冬の感染症予防対応

 12月になり、2020年も残り少なくなってきました。

 管理特別教室棟の玄関掲示物も12月飾りになりました。

 気温と湿度が下がる冬場は、感染のリスクが高まります。栃木県では11月25日から「感染厳重注意」に引き上げるなど、より一層の感染症対応への重要性が増している状況です。学校では、教室棟昇降口にAI顔認証サーモグラフィーを設置しました。カメラの前に立つと、AI技術で即座に児童の顔を検出し、顔表面の平均温度を計算する優れものです。体温が正常値の場合は「正常です。」とアナウンスされます。異常値の場合は、警告アナウンサーが流れます。子供たちは、登校時カメラの前に立ち、自身の体温をチェックしています。今後も、冬の感染予防対策7つの基本「1、身体的距離の確保」「2、マスクの着用」「3、手洗い」「4、換気と湿度」「5、3密回避」「6,適切な運動や食事」「7,体温測定」に気を配っていきます。御家庭におかれましても、お一人お一人できる限りの予防行動に心がけていただけますようお願いいたします。