2020年12月の記事一覧

警戒度レベル「特定警戒」における対応

12月30日、栃木県の警戒度が4段階で最高の「特定警戒」に引き上げられました。

現段階で、次の対応への御理解・御協力をお願いします。

12月30日~1月7日まで(冬季休業中)の部活動は、中止とします。

 ※1月7日以降の対応は、再度連絡いたします。

○1月8日(金):この日より学校生活再開となる日の対応

 栃木県、大田原市としては、現段階「通常通り」です。

今後の状況により、変更などが生じた場合は、再度御連絡いたします。

重ねて、栃木県より県民に対する協力要請への御理解・御協力もお願いします。

 

 

 

 ↓こちらをクリックしてください。

栃木県公式HPより各種情報を得ることをできます。               

 http://www.pref.tochigi.lg.jp/c05/kouhou/korona.html

 

 

 

こちらをクリックしてください

 http://www.pref.tochigi.lg.jp/e04/welfare/hoken-eisei/kansen/hp/kennsairyoutaisei.html

冬季休業中

(12/30~1/4)の急を要する対応、問い合わせは、レンタル携帯電話(窓口:教頭)へお願いします。 

080-8848-5417

1月5日、6日、7日は、学校(22-2586)へ

 

新型コロナウイルス感染症 医療危機回避への協力依頼

 13日間の冬休みがはじまりました。しかし、全国で感染者が増え続け、栃木県において「栃木県医療危機警報」が発令されました。子供たちそして保護者の皆様が「うつらない」「うつさない」ために医療危機回避するために、栃木県・大田原市より次のことについて要請がありました。

○不要不急の外出はできるだけ控えてください。

○年末年始の帰省については、慎重に検討してください。

○初詣は混雑する時期を避けてください。

○大人数、長時間の飲食、飲酒を伴う忘年会・新年会の開催は、自粛をお願いします。

飲食は、家族、いつもの仲間と、短時間で開催してください。隣の席との間隔確保や、会話時のマスク着用など、基本的な対策の徹底をお願いします。

この冬は、いつもと違う初めての冬です。御家族みなさんそろって、静かな年末年始を。グループどうぞ御理解・御協力をお願いいたします。

 

冬休みを迎える会 明日より冬休み

   冬休みを迎える会は、体育館で実施しました。3、4年生が参加、1、2、5、6年生は、密を避けるため、各教室にZOOM配信され、会に参加しました。

 藤原校長から、六年生の活躍、一人一人の努力を称賛する言葉が伝えられ「子供たちが事故やけががなく、元気に笑顔で学校にきてくれることが、先生方みんなの幸せです。」という言葉を耳にすると、子供たちは、穏やかな表情で眼を輝かせていました。

   2020年の漢字は「密」、藤原校長の2020年の漢字は「新」。「今年みなさんとの新しい出会いがあり、新しい生活様式となった。これからは、新しい発想でチャレンジしていきましょう」と声がかけられました。今日までの学校生活を振り返っての発表は、1年生田代さん、3年生熊田さん、5年生初見さんです。3人皆、堂々と自分の思いと考えを発表しました。

   その後、児童指導主任から安全な楽しい冬休みにするために大切なことが伝達されました。特に、ネットゲームのやり方など、情報モラルについては、担任が各学年の発達段階に応じた指導を行いました。御家庭でも御協力をお願いします。(すでに御家庭にたよりをお届けしていますが。再度御確認ください。)

            ↓ここをクリックしてください。

ネットゲーム防止依頼文書2.pdf

会の最後は、多くの児童の表彰が行われ、誇らしい表情で賞状を受け取りました。

 今日はクリスマス。給食にはケーキがでました。記念日「超おいしい!」「チョコレートケーキだ!」と子供たちは大喜び。興奮・ヤッター!笑う校内笑顔の輪が広がり、2020年を閉じることができました。ピース

保護者の皆様の本日までの御理解・御協力に心より感謝いたします。ありがとうございました。よいお年を。

大掃除実施中

   2020年も残り7日間となり、冬休みも目の前になりました。

 ただ今、清掃強調週間となり、子供たちと教職員ともに力を合わせ、校舎内の一年間のすす払いをしています。大掃除には有形無形の様々なものを払ってけじめをつける意味があります。すっきり気持ちよく新年を迎えられるよう、準備中です。

 12月上旬の校内人権週間で考えた一人一人の「なかよし標語」が掲示されています。人と人とが仲良くなるためにどんなことが大切なのかよく見つめています。いくつかの標語を御紹介します。「あいさつは えがおになれる まほうだよ」の標語のとおり、児童指導主任を中心に、職員チームを組んで「えがおであいさつができる子の育成」に努めています。11月のあいさつ名人が発表されました。

心温まる時間

    感染症拡大防止対応のため、前向き給食が継続中。友達と楽しくお話ししながらの給食は、しばらくお預けとなっており、少々味気なく感じる時間です。そんな状況の中、放送委員会児童は、少しでも楽しい時間にしようと、クイズを出したり、音楽をかけたりしています。先日、第60回那須地区児童生徒読書感想文コンクール最優秀賞に輝いた、4年公文さん「本当のま法はあきらめない心」、1年猪瀨さん「みんな みんな おなじ いのち」の読書感想文朗読が行われました。それは、最優秀賞にふさわしい内容、朗読であり、聞いている多くの人の心を温めました。

   本日の朝の時間には、広報委員会、環境委員会のお知らせがありました。両委員会から、学校行事予定掲示物の作成について、ペットボトルを集める意味や注意事項、とうがらし栽培状況などについての発表がありました。本年度もしぐさ朝会、音楽朝会、各委員会の発表など、できることを可能な限り工夫しながら実施しています。ただし、感染症拡大防止のため、映像により各クラスに配信しています。よって、保護者の皆様には、ご覧いただけません。ただ今、その映像を皆様にご覧いただける機会を考えています。

6年生特別授業「かべかざり」作り

    日ごとに卒業に近づいている6年生への特別授業が行われました。

    とちぎ未来づくり財団 なす高原自然の家 反保直子社会教育主事を指導者に迎え、図画工作科の学習「かべかざり」作りの授業です。

    反保指導員は、6年生の子供たちが、1、2年生の時の担任。6年生は、久しぶりの1,2年担任との出会いに喜び、終始笑顔。那須高原の森からの贈り物:どんぐり、まつぼっくりなどを使い、それぞれ創意工夫あふれるかべかざりをつくりました。

    反保指導員は、子供たちの著しい成長に驚き、内面の成長に感無量。幸せな時間だったと笑顔で感想を伝えてくださいました。

   本日「冬休みの過ごし方」「冬の感染症防止対応について」のお便りをお届けしました。こちらでも確認ができます。

 ↓ここをクリックしてください。

冬休みの過ごし方について.pdf

冬休み前:冬の感染症対応:保護者通知jtd.pdf

冬至(今日の給食の様子)

    二十四節気のひとつで、北半球では太陽が一年で最も低い位置にきて、夜が一番長くなる日です。冬至に食べるものとして親しまれているのが、冬至がゆ、かぼちゃ、ゆずです。

 本日の給食のメニューであるほうとう汁(かぼちゃが入っています)、トロさばもてぎゆずみそやき(ゆず)は、冬至に合わせたメニューです。給食・食事

 学校給食献立は、市内栄養教職員が月一度集まり、時間をかけて作成しています。栄養バランスはもちろんのこと、食に関する知識や食習慣を身に付けることができるように工夫を重ねています。

 市内産コシヒカリ、県内産生乳を使った牛乳、市内県産の新鮮な食材を使用しています。季節にあった献立、全国の郷土料理、子供たちの歯を鍛えるかみごたえのある食材の準備など工夫し、思いを込めて作っています。にっこり

子供たちの感想:感染症拡大防止のため前向き給食実施中

・とにかくおいしかった。

・ほうとうとかぼちゃがうまく混ざり合っておいしい。

今日の出来事

今朝の安全な登校への御協力、ありがとうございました。全員、元気に安全登校をすることができました。

 年の瀬を迎え、学習においても現在までの学びをまとめる時期を迎えました。そこで、全校生で学力をアップさせようという意識を高めるために、校内学力アップウィーク(16日~25日)を設定しました。 

 5,6年生は、実力テストを実施。テストは、担任そして担当教科教員の手作りテストです。今までの授業の流れと子供たちの取り組む姿を思い浮かべながら、時間をかけてテストを作成をしました。その思いが伝わるのでしょうか、子供たちは、テスト一問一問に真剣に取り組んでいます。テスト結果は、御家庭にもお知らせする予定です。

 1年生から3年生は、歯科衛生士による歯の保健指導を行いました。それは、歯や口の中の様子を知り、むし歯の予防について考え、実践する態度を養うことをねらいとしています。

 1年生は、6才臼歯(乳歯のさらに奥に生えてくる永久歯)の存在と磨き方を知り、鏡をみながら、丁寧に磨く練習をしました。2年生と3年生は正しい歯磨きの仕方を学びました。明日は、4年生から6年生が学びます。

表彰そして音楽朝会(先生の演奏)

今朝の日の出は、息をのむ美しさ。

しかし、あっという間に雪空に。子供たちは、ひさしぶりに降る雪を見て、喜びながら登校しました。

 8:10から表彰が行われました。今年も子供たちの輝かしい誉れが続々と届いています。いつもは、全校生が体育館に集まり、その誉れを見守り、拍手をおくるのですが、感染症拡大防止のためZOOM配信による校内表彰式を行いました。今後も子供たちの努力、栄誉をみんなで大切にしていきます。

 その後、恒例となっている先生方の演奏による音楽朝会が実施されました。こちらも感染症拡大防止のため、映像での演奏を各教室に届けました。校長先生はサンタ衣装を装い指揮者です。先生方は、ウクレレ、エレキギター、ピアニカ、キーボード、ピアノ、リコーダー、すずなど様々の楽器を分担し演奏します。クリスマス衣装も装いました。

 1年生は、先生方の演奏に大興奮。どのクラスも先生方のいつもと違う姿を見て大笑い。思わず踊り出す子、校長先生の真似をして指揮をする子・・・外は雪、そして教室では、温かな雰囲気の中で、あわてんぼうのサンタクロースを歌う子供たちの声が響いています。

なかよし集会(ペア学年)

 14日(月)ペアである2年生と5年生が集会を行いました。(1年生と6年生が、3年生と4年生がペア学年としてなかよし集会を実施しています。)

 本校は、異学年交流の場を意図的に設定しています。異学年交流を通してとかかわることの喜びを知り、自分の存在が周りの人に役立っている、貢献していると認識できる心を育てることをねらいとしています。5年生は、2年生が楽しく遊ぶためには、どんな活動がいいのか、役割分担はどうすればいいのか・・・など時間をかけて話合いを重ね、集会を行います。

 ボールあてゲームでは、2年生は利き手で投げますが、5年生は利き手を使わずにボールを投げます。そして、5年生は、自分が投げる前に2年生へボールを手渡します。活動の最後には、2年生へ手作りプレゼントを贈呈。2年生を気遣いながら優しく接する5年生の健気な姿に心が温まります。

 2年生の感想です。

・すごく楽しかった。よかった。最後に5年生から鬼滅の刃のおりがみをプレゼントしてもらいました。5年生はすごいと思いました。

・ぼくたちも5年生になったら、2年生と遊びたいです。今度はぼくたちが計画したいです。そのときは、人気キャラクターのおりがみプレゼントを準備したいです。

人と人のつながりの中で、伝統が育まれていきます。