学校からのお知らせ

つながる学び

 今日の子供たちの学びの姿を御紹介します。

 1年生は、英語活動を行います。歌を歌い踊りながら、英会話を覚えます。皆、笑顔で楽しく学んでいます。その学びは、3,4年生になると外国語活動へ、5、6年生になると外国語科への学びへとつながっていきます。英語を聞いたり、話したりすることは楽しいという思いをもって中学校へ入学できるように配慮しています。

 2年生は、図画工作科で版画の作品作りをしました。自分が思い描く世界を表現することは難しいことですが、子供たちは楽しんでいます。その作品づくりは、4年生になると木版画へ、5,6年生になると一版多色刷りへとレベルがアップし、つながっていきます。

4年生の作品です。

6年生の作品です。どの教室にも子供たちの作品を掲示します。授業参観時にご覧ください。

 5年生は、1月13日に実施した学力確認テスト結果を受けて見直しをしています。結果が出て終わりではなく、再度自分の問題への取組を見直しています。低学年のときは、見直すことは難しいことだったのですが、高学年では当たり前のことになっています。今日の学習は、前日の学習とそして、これからの学習につながっています。だから、毎日毎日の、一つ一つの学びの積み重ねを大切にしています。

 

 放送朝会「紫小しぐさ」

 立春を迎えました。月初めの水曜日の朝の活動は「朝会」です。子供たちと教職員は、校長の話を聞き、人としてのあり方や学習へ向かう姿勢などを見つめる場です。全校生が一堂に集まっての朝会は、本年度から感染症拡大防止対応により、リモート朝会、放送朝会と形が変化し、それも学校生活の中に馴染んできました。

 今日の放送朝会では、校長から子供たちへ「紫小しぐさ」についての話が伝達されました。

・「紫小しぐさ」とは、相手のことを考え、自ら進んで行動すること。

・「紫小しぐさ」は、紫塚小学校がずっと大切にしてきていること。

・学校生活の中で、たくさんの「紫小しぐさ」が存在すること。

教室で話を聞く子供たちは、様々なしぐさが紹介されると、背筋を伸ばし、じっと画像を見つめ、耳を傾けています。自分たちの身近なことと感じたからでしょう。

話の最後は、1年生の「コロナしぐさ(手洗いソング)」の動画が紹介されました。そして「自分でできる紫小しぐさを増やしていきましょう。」と声がかけられました。

全校生、全職員がともに、本校が大切にしている「紫小しぐさ」について見つめる時間でした。

 ↓ 校長講和「紫小しぐさ」パワーポントはここをクリックしてください。

2/3朝会:校長講話「紫小しぐさ」.pdf

 

124年ぶり2/2の節分

 今日は、節分です。1897(明治30)年以来124年ぶりに2月2日の節分となります。調べてみると、季節がずれないよう、国立天文台で暦の調整が行われていることが分かりました。だんだん春になっていきます。

 給食は、節分献立です。そのメニューは、ごはん、牛乳、イワシの梅煮、小松菜の海苔和え、鳥塩肉じゃがそして福豆です。季節の変り目を感じながらいただきました。

 新管理特別教室棟の玄関の飾りも2月になりました。見るとほっとする素敵な飾りです。

  暦の上では、春なのですが、今朝は冷たい雨が降りました。雨が降る朝は、6年生が昇降口で、下級生の登校を待ち、傘をたたむことや傘をきちんと入れる手伝いをします。この姿は、子供たちの中で自然と引き継がれており、本校のよき伝統となっています。

 昼休みになると、校庭に一番に集合するのは6年生。みんなで「ケイドロ」をしようとはりきっています。今日はロング昼休みであり、子供たちにとって待ちに待った時間です。あっという間に全校生が校庭に集まり遊びます。その子供たちの姿は無邪気で、健康であることのありがたさと幸せを感じさせられます。

 

新入生保護者会

 感染症予防対策に万全を期して、令和3年度入学生の保護者会を実施しました。

 お陰様で、時間短縮により予定されていたすべての連絡、協議を実施することができました。新入生保護者の皆様は、本日、学用品なども購入されました。入学式までに、1つ1つの用具に名前の記入などを行っていただき、入学の準備をお願いします。

 1つ1つの名前を記入することは、大変なことです。特に算数セットがおそろしい!細かいものがたくさん入っていて、数え棒やサイコロなど1つ1つに名前をつけることになります。「お名前シール」を準備したり、ラベルプリンターを駆使したり・・・手書きすればいいのでは?と思われそうですが、とんでもない。小さいものに手書きすれば字が潰れて読めないし、細々としたもの全部に書くのは気が遠くなる作業です。「名前つけ」は、小学校へ入学する親への洗礼のようなものなのでしょうか。

 4月12日が入学式です。職員一同、かわいらしいお子様の御入学をお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

新入生保護者の会場案内

新入生保護者の皆様へ

次のように会場を準備しています。

持参資料準備の上 御参加ください。お待ちしております。受付は、13:00~会の開始は13:30~になります。15:00解散予定です。低学年の下校14:50に重ならないよう調整させていただきます。

御自分の番号に着席してください。番号は受付でお渡しする名簿番号です。

日々の成長

 昨日は暖かい一日、そして今日は寒空へ。三寒四温となり、少しずつ春へ向かっています。

その寒空の中、1年生は、生活科の学習で凧揚げをしました。凧揚げをするのにちょうどよい風が吹いています。自然と体を動かすので、運動不足気味のこの時期にはもってこいの戸外あそびです。子供たちは、空高く飛ばそうと夢中になっています。1年生の生活も残り35日となりました。

 

   

 2年生の生活科の学習は、生まれた時から今の自分を振り返る学習を行います。お家の方に聞いた自分の誕生の様子や写真を見て、成長の記録をまとめます。生まれたときの御両親の気持ち、とってもかわいらしい赤ちゃんのころの写真を見ると、次第に胸が熱くなり、改めてかけがえのないお子様をお預かりしている責任を感じさせられます。成長アルバムの完成が楽しみです。

 

3年生クラブ見学会

 4年生から6年生は、火曜日の6校時にクラブ活動を行っています。学年や学級の所属を離れ、その活動を通して、異年齢集団の交流を深め、共通の興味・関心を追求しています。子供たちに人気がある活動です。しかし、今年は、感染症拡大防止の観点から後期からの実施となり、実施回数が減ってしまいました。困る

 今日の活動では、クラブ活動に仲間入りする3年生の見学会が行われました。3年生は「屋内運動、外遊び、サイエンス、家庭、図工、室内ゲーム、コンピュータ、どのクラブがいいかな~」と新しい活動へ、高学年へのあふれる期待の眼差しで先輩の活動を見学しました。期待・ワクワク

 

 

全国学校給食週間

1月24日から30日は、全国学校給食週間です。

学校給食は、明治22年山形県鶴岡市の小学校で、昼食をもってくることができない子供たちのために「おにぎり、塩鮭、漬物」が用意されたことがはじまりです。戦争で食べ物が少なくなった昭和19年は、食料不足のため給食中止に。戦争が終わり、昭和21年12月24日、外国から送られた脱脂粉乳や缶詰などの給食が再開。それをもとに「給食記念日」と設定されたそうです。

 今日の給食もおいしかったです。おいしく食べられることに感謝しながらいただきました。

6年生が登校する日数が、限られてきました。3月19日卒業まで38日間です。カウントダウンカレンダーづくりを始めました。一人一人が思いをもって作成しています。

 

令和3年度新入生保護者会内容事前把握の協力依頼

令和3年度入学生保護者の皆様へ

お知らせしましたように、時間短縮で会を実施いたします。

そのために、事前に資料をお届けします。一読いただき、御質問などがある場合は、当日本校職員にお知らせください。事前に確認されたいことがある場合は、学校(窓口:教頭22-2586)へ御連絡ください。

〇資料11ページ「新入学児童の共同購入品について」価格は、税込みの価格です。

〇資料21ページ「入学当初の下校班編成」において、お迎え依頼日時、下校時刻の変更があります。御確認ください。

〇資料23ぺージからの名簿は、当日の資料でお知らせします。配布資料も当日となります。

〇現在、感染症状況は予断を許さない状況です。学校と保護者の皆さんの迅速な情報共有による対応実施のため、2月1日当日、連絡メール登録を実施していただく予定です。御承知おきください。

↓ 令和3年度新入生保護者会資料は、ここをクリックしてください。

令和3年度新入生保護者会資料.pdf

連絡がある場合、ホームぺージにてお知らせいたします。引き続きホームページの確認をお願いします。