学校からのお知らせ

夢や希望に向かい たくましく生きる子供

「将来の夢は?」の問いに「人のためになる発見をする科学者になりたい。」と答えるのは、6年生の畠山さん。

 畠山さんは、災害時に乾電池の代わりに身近な物で乾電池が作れないかと思い、4・5年生から継続研究を行ってきました。これまでの研究から、炭酸水素ナトリウム水溶液よりもクエン酸水溶液のほうが、電気を起こすことが強いことが分かり、その濃度を細かく調査して「マイ電池」を完成させたのです。

 その研究は、「第74回栃木県理科研究展覧会並びに発表会」の中央展覧会に出品されました。中央展覧会は、県内の各地区展覧会等において選ばれた優秀作品が出品されて行われるものです。地区展覧会等出品作品数 1,874点、中央展覧会出品作品数78点そのうち、最優秀賞 は27点という狭き門。なんと、畠山さんの三年間の継続研究は、その27点の中の1点「最優秀賞」に輝いたのです。

 畠山さんは、この後も多くの人を助ける発見をする科学者になる夢に向かい、地道な努力を重ねていくでしょう。その姿は、勇気と希望を与えてくれます。

 大田原中学校区教育目標は「夢や希望に向かい たくましく生きる子供づくり」です。そのために、教職員一同、精一杯力を尽くしていきます。

 「夢は何ですか?」

 

不言実行

   毎日、子供たちに教えられることがあります。

  今朝は、6年生が、昇降口入り口廊下の雑巾がけしています。忙しい朝、なぜ雑巾がけを?

  よく見ると、先日の高湿度により濡れて危険な状況である廊下を拭いているのです。急いで担任にその行動についてお知らせすると、担任も驚くのです。「私は何もいっていません。」と。

 子供たちが率先して行うこの行為には、感動させられました。

 その廊下の先を見ると、またまた6年生の姿。1年生に一生懸命に声をかけています。よくよく見ると、なかなか教室に入れないでいる1年生をなだめているのです。この行為も、だれに指示されたわけでなく、自らの思いと考えによるもの。

 卒業までのカウントカレンダーは22日に。「不言実行」の意味を教えてくれた6年生。紫塚小学校の誇りです。

 

今日の出来事

   今朝、子供たちは、安全に登校することができました。御家庭での御配慮ありがとうございました。

 1時間目は、一斉に「地震に備えて:自分の身を守る」の指導を実施しました。6年生は、13日夜に発生した地震の揺れを体験し、恐ろしいといった感情をもったようです。担任の話をじっと聞いて考えました。低学年は、ほとんどの児童が就寝中であったようです。全校生で、突然の災害に対し、どのように自分の命を守ることができるのかを見つめました。

 給食は、栃木県の代表的な郷土料理「しもつかれ」が出されました。お昼の放送では、給食委員会から、しもつかれの言い伝えや「鬼おろし」を使っての材料の切り方、給食の味付けなどについて伝達されました。給食のしもつかれは、食べやすいような材料、味付けになっており、おいしくいただきました。

 児童下校後、職員研修を実施しました。本日御家庭にお届けした全体会資料にも提示されているように、GIGAスクール構想(義務教育を受ける児童生徒のため、一人一台学習用パソコンと高速ネットワーク環境を整備する5年間の計画)が本格化されます。すでに、本校に一人一台のパソコンが届きました。さて、それではどのように活用していったらよいのでしょうか。全国の教職員にとって課題です。そこで、本日は、全職員で一人一台タブレットPCの活用について研修を行いました。まだまだ勉強が必要です。

 

地震発生時に備えて:確認

 2/13(土)夜、市内震度5弱の地震が発生しました。学校では、校内点検、通学路点検を実施した結果、大きな被害はありませんでした。

 子供たちは、突然の大きな揺れに驚きと不安を抱いたのではないでしょうか。学校では、明日登校後、子供たちの心情に寄り添い、再度、地震発生時、登下校中の地震発生時に身を守る安全な行動について確認いたします。子供たちへの指導資料をお届けします。御家庭でも御活用いただき、子供たちへの声かけをお願いします。

↓ ここをクリックしてください。

地震時行動資料.pdf

登下校中に大きな地震が起きた場合の対応について.pdf

 なお、気象庁の臨時記者会見では、東日本大震災の余震と考えられるとした上で、揺れが強かった地域では今後1週間程度、地震発生に注意が必要と呼び掛けられています。

子供たちは、東日本大震災発生時、6年生であっても1歳、2歳であり、恐らく記憶に残っておらず、経験しておりません。地震への対応について、ここで改めて向き合う必要性があります。地震が発生した場合、地震規模や災害規模、通学路の状況などを踏まえ、下校方法を検討します。保護者などへの「引き渡し下校」が必要と判断する場合は、すでにお知らせしました(9/25発送)引き渡し下校を実施する場合があります。御家庭におかれましても地震発生時の行動について御確認いただき、お気を付けてお過ごしくださいますようお願いいたします。

ここをクリックしてください。

大規模災害等発生時における児童の引き渡しマニュアル.pdf

児童待機場所 .pdf

 

むらさきづか小美術館

日ごとに春に近づいています。日差しも暖かく、やさしくなってきています。

不要不急の外出自粛の中、子供たちの素敵な作品にふれると癒やされ、ほっとします。1年生から順に御紹介します。

校内では、全校生の作品が展示されています。

バレンタインメニュー給食の後は学年部会

今日の給食のけんちん汁の中には、かわいい❤が描かれたかまぼこが入っていました。チョコプリンもうれしく、おいしくいただきました。

そして、15:40~感染症対応に万全を期して学年部会を実施しました。時間短縮での実施ですので、慌ただしかったのですが、各学年ごとに充実した話し合いができました。来年度の役員についても短時間で検討され、次年度学年部役員が決まりました。御協力ありがとうございました。ひまわり・たけのこ部会から6年生部会までの様子を順にお伝えします。

 

シトラスリボンプロジェクトpart2および学年部会開催のお知らせ

 先日に引き続き、今日は5年生が、リボンつくりを行いました。

子供たちの感想です。

・なかなか結べなかったです。

・ひもを結ぶことは難しかったです。夢中になりました。

2月12日(金)午後3時40分から学年部会を開催します。

会場案内をいたします。部会へ参加予定の皆様、どうぞよろしくお願いします。 

なお、部会へ参加されない皆様の資料は、お子様をとおし、15日(月)お届けします。

↓会場案内です。ここをクリックしてください。

教室配置図 学年部会2・12jtd.pdf

 

シトラスリボンプロジェクトpart1

   本日、6年生がシトラスリボンプロジェクトに参加しました。シトラスリボンプロジェクトとは、新型コロナウイルス感染症の患者や医療従事者への差別や偏見を防止しようとする運動です。「地域」、「家庭」、「職場・学校)」を表す3つの輪のシトラスカラー(柑橘色)のリボンを身に付けて、「ただいま」、「おかえりなさい」の気持ちを伝えます。今日は、6年生が、シトラスリボンプロジェクトinとちぎメンバーの山﨑様のお教えによりリボンつくりを行いました。
 地域に暮らす人々の心が離れ、社会から思いやりや優しさが損なわれてしまうことは、新型コロナウイルス感染症の蔓延と同じくらい恐ろしいことではないでしょうか。6年生は、リボンを作りながら、コロナ禍にあっても、誰でも安心して、健やかに暮らすことができる地域社会について考えました。明日は、5年生が行う予定です。

     また、山﨑様は、1年生から4年生の児童へもリボンをプレゼントしてくださいました。全校生でリボンを名札の中に入れます。子供たちは、リボンを見るたび、その意味について考えることでしょう。

 

お知らせ

 本日、授業参観・全体会中止についての便りをお届けしました。御一読ください。

 中止に伴い、本年度は、保護者の皆様が、お子様の学校で学ぶ様子を一度もご覧いただく機会がなくなります。そこで、保護者の皆様に、子供たちの一年間の学びの様子と成長をご覧いただく機会を設定したく、次のように学校公開を計画しています。この先、特定警戒が解除されることを想定しての計画となります。解除されない場合は、再度中止となることを御理解いただけますようお願いいたします。

              令和2年度学校公開

〇公開期間 令和3年3月2日(火)~4日(木)(3日間)9:30~12:15

〇公開時間と育成会割当

 感染症拡大防止の観点から、可能な限り分散しての参観となるよう育成会毎に時間を割り当てさせていただきます。

 なお、9:30~12:15の時間内、各御家庭1名以下、1時間以内に限り公開させていただきます。

 御参観を希望される方は、すでにお届けした「授業参観用感染拡大防止シート(黄用紙)」の提出をしていただきます。破棄されず、活用いただけますようお願いいたします。詳細については、再度お知らせします。

公開期日と時間:公開育成会
3月2日(火)9:30~12:15・・・深川1・紫塚
3月3日(水)9:30~12:15・・・深川2・栄町・送迎他
3月4日(木)9:30~12:15・・・沼の袋・成田町・赤堀東

6年生の卒業カウントダウンカレンダーをみるたび、卒業となる成長ぶりをうれしく・・・でも寂しい気持ちに。時に、このまま時間が止まってほしいとも思います。

どのクラスも、保護者の皆様にご覧にいただこうと、子供たちの力作を展示しました。今度こそは、学校公開でご覧いただくことができますように。


2/12 授業参観・全体会の中止について

 栃木県では、2月8日から、緊急事態宣言が解除されることになりました。しかし、栃木県は、県全域において警戒度レベル「特定警戒」:医療危機警報を2月21日まで継続し、県民へ感染拡大防止への協力要請を行いました。

 それを受け、12日の授業参観実施について、校内で検討した結果、子供たちの感染リスクを軽減するため、授業参観及び全体会を中止することにしました。すでに都合をおつけになり、御参観の予定をたてている保護者の皆様には、大変御迷惑をおかけしますが、どうぞ御理解・御協力をお願いいたします。

 なお、学年部会については、予定していた15:40から時間短縮で実施いたします。

 以上の詳細の内容については、改めて2月8日(月)文書にてお知らせいたします。学校では、引き続き教職員ONE TEAMとなり、感染症拡大防止対応に万全を期し、子供たちの健康と学びを守っていきます