学校からのお知らせ

卒業式予行・6学年修業式

 19日の卒業式に向けて予行を行いました。

 式当日、在校生は参列せず、休業日となります。しかし、卒業生とともに本校を支え、ともに活動し、来年度卒業を控えている5年生は、在校生代表として、予行と6学年修業式、そして各種表彰式に参加しました。6年生は、いつもより緊張し、立派な態度で式に臨みました。多くの児童が栄えある賞を受賞しました。受賞者は、学校だより(最終号)に掲載されています。ご覧ください。

修業式では、校長より6年生へ贈る言葉「皆さんの命は、奇跡的に生まれた命。この命を授けてくださった家族を大切にし、この命を大切にして生きてほしい。この区切りに家族へ、ありがとうを伝えてほしい。」が伝えられました。5年生も最高学年となる心構えをもって、卒業生を見守りました。

 式は、感染症拡大防止のため、時間短縮(45分間の実施)、参列者制限(卒業生および各家庭2名以下の参列、来賓は教育委員会1名)などの制限がある中で実施をします。卒業生の大切な人生の節目である式に制限があるからこそ、例年以上に心を込めた式にしたい・・・・在校生、教職員一同、あること、あるものの準備を・・・しています。

 

子供たちの明るく生き生きとした学校生活を願い

   全国的に深刻ないじめの事案は後を絶たず、子供たちが直面している現在のいじめの問題は、大人の想像している以上に複雑化、潜在化している状況です。そこで、社会総がかりでいじめの問題に向き合い、対処していくための基本的な理念や体制を定めた法律「いじめ防止推進法」が施行されました。

    学校では、全ての教職員がいじめ防止対策推進法の趣旨を十分に理解し、それに基づく対応を着実に実践することがこれまで以上に求められています。いじめ防止対策推進法の施行を受け、本校では「紫塚小学校いじめ防止基本方針」を策定し、それに則り、積極的ないじめの認知に努め、一つ一つの事案に対して組織として対応できるよう努めています。

その取組について、ホームページのページに新しく「いじめ基本方針」を設定しました。

一読いただけますようお願いいたします。

いじめの防止のためには、学校だけでなく、家庭、地域、専門機関等が一丸となって、問題に対する組織的な対応を行うこと、いじめの未然防止に向けて取組を推進することが大切だと考えます。本校のすべての子供たちが明るく、元気に生き生きと学校生活を送ることができるよう御理解・御協力をお願いいたします。

 

春うらら

 「春うらら」朝の言葉がぴったりあう一日でした。

 校庭では、卒業を4日後に控えた6年生が、楽しそうに体育科の授業を行っています。6年生が、本校の体育着を着て運動することも残りわずかとなりました。グループいつの間にか、体育着が小さくなり、きつそうです。この校庭で、この仲間で活動する一瞬一瞬を大切にしていることを感じさせられます。

「一瞬一秒あっという間に過ぎ去るけれど、それこそが宝物の一瞬一瞬」

卒業式会場も少しずつ準備をしています。6年生の保護者の皆様には、すでにお知らせしております感染症対策への御理解・御協力をお願いいたします。

19日式当日は、すでにお届けしています「感染症対応チェックシート」の御提出をお願いいたします。

↓ シートを紛失された場合は、ここをクリックし、御利用ください。

卒業式の新型コロナウイルス感染拡大防止チェックシート().pdf

 

東日本大震災発生から10年

   地震発生時に身の安全を守るためには、どのような行動をとるべきか、実際に身体を動かして行動を経験することが大切です。

 そのため、全校生でシェイクアウト訓練(訓練音声に合わせ、地震時に身を守る行動をとること)を行い、その後校庭への避難、そして引き渡しとなった場合の準備訓練を行いました。

 訓練後、東日本大震災発生から10年が経過し、震災で犠牲になられた方々に対し、冥福を祈るため、震災発生同時刻14時46分、全校生で黙とうを捧げました。

 教職員は、過去の教訓を風化させず未来の教訓につなげるために、子供たちへ、10年前の震災で自身が体験したこと、そのときにとった行動、そのとき思ったことや考えたことを語りかけました。そして、改めて子供たちの尊い命を守り抜くことについて考えました。

 

6年生を送る会

 本日、2月19日から延期した6年生を送る会が、盛大に行われました。感染症拡大防止の観点から、全校生一堂に会することはできませんでしたが、それぞれの学年が6年生へ感謝の気持ちを込めて言葉を贈ったり、ダンスなどを披露したりしました。1年生は、6年生が1年生のときに送る会で踊った「前向きスクリーム!」を届けました。6年生は「まだ、覚えてる笑う。踊れる。音楽」といいながら懐かしそうに映像を見つめます。2年生は「メイクユーハッピー」ダンスを、3年生は縦割り班の6年生へ贈る言葉を、4年生はソーラン節の踊りを届けました。そして、5年生は、惑星ループの曲を代表2名の児童が歌いながら、ランドセルを背負いながら創意工夫あふれる出し物を届けました。

 会のクライマックスは、体育館に6年生、5年生が集まり、プレゼント贈呈とくす玉割り、校旗の引き継ぎを行いましたお祝い来年度の会を運営する予定の4年生もキャットウォークから5,6年生の姿を見守りました。

 6年生から5年生へ「紫塚小学校の歴史と伝統を守っていってください。」との言葉とともに、バトンが渡されました。5年生は、年が明けてから、日々一生懸命に準備をし、運営をしました。いつの間にかリーダーシップがとれる6年生の顔に。6年生はこの学び舎を巣立っていく卒業生の顔になっていました。それぞれ場所は離れていても心が一つになり、感動させられる「6年生送る会」でした。

 

在校生は六年生からお礼に配膳台カバーとサンキューカードをいただきました。思いやり溢れる子供たちです🙌

GIGAスクール構想本格化

 すでにお知らせしている通り、4月から一人一台のパソコンでの学習が開始されます。

大田原市の小中学校は、Googleが開発した「Chrome OS」を採用したノートパソコンChromebookを使用します。その準備として、親子でパスワード相談、そして提出の依頼をしました。本日は、パソコンが開始できる初期の準備(ログインIDとパスワードの入力)を全校生が行いました。

 子供たちは、自分のChromebookを手にすると「すごい!笑う」「初めてノートパソコンが使える!興奮・ヤッター!」「YouTubeも見られる!ニヒヒ」などと歓声。うれしそうに夢中になって準備したパスワードを入力しました。1、2年生は、キーボード入力が不慣れのため、6年生とICT支援員の方の支援により行いました。1、2年生は、6年生がそばにいてくれるので、安心して入力することができました。6年生は、中学校入学後に初期準備を行い、パソコンでの学習を進めていきます。市教育委員会の皆様が見守ってくださる中、ICT支援員の皆様のお力添えで、全校生が無事パスワード設定をすることできました。御家庭の御協力にも心より感謝いたします。大変ありがとうございました。

 子供たちのChromebookへの興味関心、自身のパソコンを手にした感動を大切にしたいため、4月を待たず、早速明日からでも少しずつ使用していきます。4月まで待ちます。がまんがまん😣

 

コサージュ作り

 金曜日に引き続き、本日は6年2組の子供たちが、コサージュ作りを行いました。

一花一花、一葉一葉を丁寧に合わせ、自分なりのデザインにして仕上げます。子供たちは「難しい。」と言いながら作りますが、短時間内に自分とお家の方のコサージュを作ることができました。本日、家に持ち帰りました。6年生の保護者の皆様、卒業式当日は、そのコサージュをお付けになって御参列ください。卒業生と保護者の皆様が一斉にコサージュをお付けになったとき、どのような雰囲気になるのでしょうか。今から楽しみです。

 

部活動・スポーツ少年団活動再開!

 3月6日より各部活動・スポーツ少年団活動が再開されました。

 子供たちは、久しぶりの活動でありますが、生き生きとして参加しています。サッカー部は、いきなり交流試合となりますが、自粛期間のブランクを見せることなく、ボールを追いかけます。6年生は、この試合をもって引退となります。後輩へ先輩の意地を示していました。

 野球部は、校庭で「6年生卒団試合」が行われました。部員と保護者の皆様が参加されての試合は、真剣勝負。5年生のお母様が一丸となって作成された「祝 卒団 6年生ありがとう」の看板には、多くの方が背中を押され、心動かされたことと思います。

 バレー部も久しぶりの練習再開。迫力あるサーブは、見事。今までの自粛期間を感じさせないパワーがあります。一球一球心と力を込めて打ち込んでいました。

 今年は、感染症に翻弄されました。活動の自粛により、改めて、子供たちにとってのスポーツの意味と活動の意義を考えされられました。これらの活動は、子供たちの心身の鍛練、人間性の育成に欠かすことができない、かけがえのない活動です。保護者の皆様、指導者の皆様には、今まで大変御迷惑・御心配をおかけしました。今後も引き続き子供たちの成長へ、感染症対応を講じた活動へのお力添えをいただけますようお願いいたします。(男子バスケットボール、女子バスケットボール部の活動は、後日改めてお知らせいたします。)

 

それぞれの卒業

 6年生は、3日から卒業証書授与の練習を開始しました。

 卒業式は、感染症拡大防止の観点より、時間短縮、参列者制限などされますが、卒業生一人一人の証書授与を行います。当日、保護者の皆様に卒業生の雄姿をご覧いただけるよう準備をしています。6年生は、卒業式練習が「楽しい。楽しみ。」と言います。子供たちは、6年生が一堂に会すること、それだけでも幸せに感じています。素直な子供たちです。

 校内では、もう一つの卒業があります。それは、2年2組担任月井教諭の初任者研修の卒業です。本日、教師1年目の終了として、校長をはじめ他職員へ「巣立ちの授業」を公開しました。月井教諭は2年2組の子供たちに寄り添い、子供たちは生き生きと国語の学習を行いました。子供たち、月井教諭ともに成長した貴重な一年間でした。

 本日予定されていた6年生親子で作成予定であったコサージュ作り。親子で作成できると最高なのですが、残念です泣くしかし、子供たちは、見事に作り上げました。お家の方のコサージュも一生懸命に作成しました。今日は6年1組が作りました。月曜日は6年2組が作成します。まだHPにアップすることを待たなくてはならないのですが・・・あまりにも素敵なコサージュであり、卒業の日、手作りコサージュを親子で胸に付けるお姿を想像すると、すでに感無量。待てません。途中経過をお知らせします。

 

令和2年度朝会(最終回)

   今年度最後の朝会が行われました。感染症拡大防止の観点により、校内放送にて校長より子供たちへ講話が行われました。子供たちと担任は、教室で講話資料を視聴しながら話を聞きます。

 どのクラスでも子供たちは背筋を伸ばし、耳を傾けています。校長の問いかけで、自身の行動を振り返りました。子供たちは、時に首を横に振り、時に笑います。離れていても、全校生が一緒に同じ時を過ごし、「みんなが幸せになる まほうのことば」について考え、見つめました。

校長講話資料は下記をクリックしてください。

  ↓

校長講話パワーポイント.pdf

 3年生の教室では、1時間目に発表会が行われました。それぞれグループで調べたことをまとめ、一生懸命に発表します。発表内容原稿を見ずに発表します。内容は、紫塚小の自慢、地域の自慢の発表です。発表態度はもちろんのこと、内容も充実し、3年生の子供たちの一年間の学びの成果を目の当たりにすることができました。すばらし発表内容で、ここで終了にするなんてもったいない・・・2年生に向けて発表することにしました。