学校からのお知らせ

降雪に伴う登下校時の注意喚起について

  明日の明け方にかけて,強い冬型の気圧配置により,山間部を中心とし断続的に雪が降り,平地でも積雪の予報です。雪子供たちへ、時間に余裕をもって安全第一で登校できるよう声掛けをお願いします。積雪や路面凍結による転倒に十分注意できるよう、手袋とマスクの着用、安定性高い履物の準備に御配慮願います。教職員は、通学路点検、安全な登校支援を実施します。

 壁飾りボランティア:國井里美様手作りの飾りも1月になりました。今月も見事な飾りです。ありがとうございます。

 

 

みんなで希望の光輝くスタートへ

 子供たちの声が響き、学校に活気が戻ってきました。今日は、一人一人心新たに目標や希望と向き合う一日です。

 心配していた降雪、強風もなく、13:15~全校生で「冬休みを振り返る会」を行いました。

 初めの6年井上さん先導での堂々とした新年のあいさつは、場の「空気」を変え、気が引き締まりました。

 次に、藤原校長から金子みすゞの詩「みんなを好きに」が紹介され、次のことが子供たちに伝えられました。

ここをクリックしてください。

1月みんなを好きに.pdf

〇みんながいて、素敵な学校がある。だからこそ、自分自身を好きになってほしい。自分を含めた周りの人を好きになって生活してほしい。

今年の目標をもち、それに向かってがんばることで一人一人の心の花を咲かせてほしい。心の花の色付けは自分自身。それらを集めて紫小の花束を作りたい。今年も元気にたくましく生活していきましょう。

 そして、6年相田さんの「新年の抱負」は、先日の練習の成果が発揮され、心に響きました。

新年の抱負①学校を休まないこと(入学してから、欠席、早退、遅刻0です。)手洗い、うがいなどをして休まない。

新年の抱負②苦手な算数をがんばること

あと3か月で卒業。一日一日を大切にして過ごしたい。思い出をたくさん作りたい。勉強も部活もがんばるかっこいい中学生になりたい。

 最後に、新しい二人の友達(ミュンヘン日本人国際学校から)が紹介されました。二人の自己紹介「ドイツから来ました。よろしくお願いします。」という言葉を聞いて、子供たちは目を丸くしていました。(ドイツ?どこ?という感じ)

 今年一番冷え込んでいる校庭ですが日差しはやさしく、そこに全校生が一堂に集まりました。感染症対策を講じた上、久しぶりに全校生(356人)が集合できたことは、それだけで、大変うれしいことでした。感染症拡大により心配や不安がふくらむ中、みんなで希望の光が輝くスタートをきることができました。今後も子供たちのことを一番に考えて、現状の中でできるベストの教育を追求していきます。

本日の担任による子供たちを迎える黒板アート:続編

明日から学校生活2021スタート

 寒さが和らいだ一日です。

 いよいよ明日より学校生活がスタートします。各学年だよりにて8日の日程、準備物の連絡をしています。再度確認してください。子供たちが、心新たに目標をもって登校できるよう御支援をお願いします。「冬休みを振り返る会」は、明日の天気、感染症拡大防止対応、ZOOMの不安定な配信状況に配慮し、昼休み(13:15~)、校庭にて身体的距離を確保し、全校生一堂に集まり実施することにしました。(変更しました。さらに気象状況によっては各教室において放送により実施などに変更します。

 本日、「新年のあいさつ」をする6年井上くん、新年の抱負を発表する6年相田くんが、その会の練習を行いました。二人とも一生懸命に練習に取り組みました。すでに緊張しています。明日の本番が楽しみです。

   明日からも下記の基本的な感染症対応への御理解・御協力をお願いします。感染症対応校内マニュアルを更新し、教職員も気を引き締めて対応していきます。

朝の検温を実施し、お子さんの健康状況、御家族の健康状況の把握と記録(すでにお届けしたシートへの記録)をお願いします。

②発熱や風邪症状などがある場合は、自宅で休養させてください。

   県内、市内において感染症拡大の歯止めがかからず「特定警戒」期間延期(1/31終期は予定)されています。市内においても児童を含め、感染者が増える可能性が極めて高い状況です。引き続き不要不急の外出自粛をお願いします。

 今後、感染した児童、その家庭が不当な差別をうけることがないよう次のチラシを参考に御理解・御協力をお願いします。

こちらをクリックしてください。

新型コロナ差別防止チラシ.pdf

手洗い・咳エチケットチラシ.pdf

担任は、黒板アートを工夫し、子供たちを待っています。どの教室にどんなアートが描かれているのでしょうか。お楽しみに。

 

寒の入り

 本日小寒を迎え、寒さが厳しくなってきました。

 本日より学校業務を再開しています。教職員は、8日に子供たちを迎える準備を進めています。新型コロナウイルス感染症拡大が止まりません。感染防止のための校内マニュアルについて「新たな情報をもとに更新」を考えています。

 部活動については、下記のことについて連絡いたします。

 ○栃木県は、1月11日まで「特定警戒」であることから、市内全小中学校において、部活動(練習等を含め)は、引き続き11日までを中止とします。

冬季休業開始から4日までに大きな事故、けがの学校への連絡はありません。皆さん、健康で充実した日々をお過ごしのことと思います。家庭学習も継続し、宿題の取組は終盤を迎えていることでしょう。引き続き、感染症防止、健康保持などに努めていただけますようお願いいたします。元気な子供たちに会えることを教職員一同楽しみにしています。(8日に向けての諸連絡は、ホームページを活用していきます。)

教室のかめも金魚も元気です。キラキラじっと子供たちを待っています。笑う

新年あけましておめでとうございます。

 令和3年の幕が開けました。お祝い

 令和2年は、未知のウイルスに翻弄され、緊急事態宣言から暮らしが一変した一年でした。

その中でも、校内陸上記録会、体育運動発表会、校内持久走大会、地域探検ウォークラリー、日帰り修学旅行など、できることを可能な限り実施することができました。このような行事、諸活動の成功と子供たちの活躍は、保護者の皆様や地域の皆様の支えがあったからこそ成し遂げることができたものです。ありがとうございました。

    新年のスタートとともに、一年生が育てている鉢植えからチューリップの芽が出始めました。寒さに耐え、土を押し上げ、たくましく、着実に成長しています。

 子供たちの成長にも自粛はなく、着実に前へ前へと進んでいます。令和3年度も引き続き、教職員ONE TEAMとなり、子供たち一人一人を大切にし、成長を支えていきます。

    コロナと向き合い、迎える新しい時代。皆様 誰もが健やかに、自分らしく歩む未来となりますことを願います。保護者の皆様、地域の皆様、今後も本校教育活動への御理解・御協力をどうぞよろしくお願いいたします。

 令和3年1月1日 

大田原市立紫塚小学校教職員一同

警戒度レベル「特定警戒」における対応

12月30日、栃木県の警戒度が4段階で最高の「特定警戒」に引き上げられました。

現段階で、次の対応への御理解・御協力をお願いします。

12月30日~1月7日まで(冬季休業中)の部活動は、中止とします。

 ※1月7日以降の対応は、再度連絡いたします。

○1月8日(金):この日より学校生活再開となる日の対応

 栃木県、大田原市としては、現段階「通常通り」です。

今後の状況により、変更などが生じた場合は、再度御連絡いたします。

重ねて、栃木県より県民に対する協力要請への御理解・御協力もお願いします。

 

 

 

 ↓こちらをクリックしてください。

栃木県公式HPより各種情報を得ることをできます。               

 http://www.pref.tochigi.lg.jp/c05/kouhou/korona.html

 

 

 

こちらをクリックしてください

 http://www.pref.tochigi.lg.jp/e04/welfare/hoken-eisei/kansen/hp/kennsairyoutaisei.html

冬季休業中

(12/30~1/4)の急を要する対応、問い合わせは、レンタル携帯電話(窓口:教頭)へお願いします。 

080-8848-5417

1月5日、6日、7日は、学校(22-2586)へ

 

新型コロナウイルス感染症 医療危機回避への協力依頼

 13日間の冬休みがはじまりました。しかし、全国で感染者が増え続け、栃木県において「栃木県医療危機警報」が発令されました。子供たちそして保護者の皆様が「うつらない」「うつさない」ために医療危機回避するために、栃木県・大田原市より次のことについて要請がありました。

○不要不急の外出はできるだけ控えてください。

○年末年始の帰省については、慎重に検討してください。

○初詣は混雑する時期を避けてください。

○大人数、長時間の飲食、飲酒を伴う忘年会・新年会の開催は、自粛をお願いします。

飲食は、家族、いつもの仲間と、短時間で開催してください。隣の席との間隔確保や、会話時のマスク着用など、基本的な対策の徹底をお願いします。

この冬は、いつもと違う初めての冬です。御家族みなさんそろって、静かな年末年始を。グループどうぞ御理解・御協力をお願いいたします。

 

冬休みを迎える会 明日より冬休み

   冬休みを迎える会は、体育館で実施しました。3、4年生が参加、1、2、5、6年生は、密を避けるため、各教室にZOOM配信され、会に参加しました。

 藤原校長から、六年生の活躍、一人一人の努力を称賛する言葉が伝えられ「子供たちが事故やけががなく、元気に笑顔で学校にきてくれることが、先生方みんなの幸せです。」という言葉を耳にすると、子供たちは、穏やかな表情で眼を輝かせていました。

   2020年の漢字は「密」、藤原校長の2020年の漢字は「新」。「今年みなさんとの新しい出会いがあり、新しい生活様式となった。これからは、新しい発想でチャレンジしていきましょう」と声がかけられました。今日までの学校生活を振り返っての発表は、1年生田代さん、3年生熊田さん、5年生初見さんです。3人皆、堂々と自分の思いと考えを発表しました。

   その後、児童指導主任から安全な楽しい冬休みにするために大切なことが伝達されました。特に、ネットゲームのやり方など、情報モラルについては、担任が各学年の発達段階に応じた指導を行いました。御家庭でも御協力をお願いします。(すでに御家庭にたよりをお届けしていますが。再度御確認ください。)

            ↓ここをクリックしてください。

ネットゲーム防止依頼文書2.pdf

会の最後は、多くの児童の表彰が行われ、誇らしい表情で賞状を受け取りました。

 今日はクリスマス。給食にはケーキがでました。記念日「超おいしい!」「チョコレートケーキだ!」と子供たちは大喜び。興奮・ヤッター!笑う校内笑顔の輪が広がり、2020年を閉じることができました。ピース

保護者の皆様の本日までの御理解・御協力に心より感謝いたします。ありがとうございました。よいお年を。

大掃除実施中

   2020年も残り7日間となり、冬休みも目の前になりました。

 ただ今、清掃強調週間となり、子供たちと教職員ともに力を合わせ、校舎内の一年間のすす払いをしています。大掃除には有形無形の様々なものを払ってけじめをつける意味があります。すっきり気持ちよく新年を迎えられるよう、準備中です。

 12月上旬の校内人権週間で考えた一人一人の「なかよし標語」が掲示されています。人と人とが仲良くなるためにどんなことが大切なのかよく見つめています。いくつかの標語を御紹介します。「あいさつは えがおになれる まほうだよ」の標語のとおり、児童指導主任を中心に、職員チームを組んで「えがおであいさつができる子の育成」に努めています。11月のあいさつ名人が発表されました。

心温まる時間

    感染症拡大防止対応のため、前向き給食が継続中。友達と楽しくお話ししながらの給食は、しばらくお預けとなっており、少々味気なく感じる時間です。そんな状況の中、放送委員会児童は、少しでも楽しい時間にしようと、クイズを出したり、音楽をかけたりしています。先日、第60回那須地区児童生徒読書感想文コンクール最優秀賞に輝いた、4年公文さん「本当のま法はあきらめない心」、1年猪瀨さん「みんな みんな おなじ いのち」の読書感想文朗読が行われました。それは、最優秀賞にふさわしい内容、朗読であり、聞いている多くの人の心を温めました。

   本日の朝の時間には、広報委員会、環境委員会のお知らせがありました。両委員会から、学校行事予定掲示物の作成について、ペットボトルを集める意味や注意事項、とうがらし栽培状況などについての発表がありました。本年度もしぐさ朝会、音楽朝会、各委員会の発表など、できることを可能な限り工夫しながら実施しています。ただし、感染症拡大防止のため、映像により各クラスに配信しています。よって、保護者の皆様には、ご覧いただけません。ただ今、その映像を皆様にご覧いただける機会を考えています。